無駄作り発明家、うどんアーティスト、女性鬼師にフォーカスした Orico スペシャルムービー「かなえる、のムービー」10月10日(木)から公開!

2019/10/10  株式会社 オリエントコーポレーション 

夢を追いかける人たちのショートドキュメンタリー

株式会社オリエントコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河野 雅明、以下「オリコ」)は、 ”無駄作り発明家” 藤原 麻里菜さん、”うどんアーティスト” 小野ウどんさん、”女性鬼師” 伊達 由尋さんにフォーカスしたスペシャルムービーを10月10日(木)から特設サイトにて公開いたします。



特設サイト:https://www.orico.co.jp/webmovie/?utm_source=pr&utm_medium=banner&utm_campaign=banner_pr


何かをかなえる全ての人に、寄り添う存在に。

オリコは「かなえる、のそばに。」をブランドスローガンに掲げ、さまざまな金融サービスを提供しております。今回公開するスペシャルムービーではさまざまな境遇の中で、夢をかなえるために奮闘し続ける3名の方にフォーカス。それぞれの活動や今の想い、かなえたい夢を映像におさめています。彼らのように夢をかなえようとする全ての人に、もっと寄り添う存在となれるように、これからもオリコは挑戦し続けてまいります。


スペシャルWEBムービー「かなえる、のムービー」に込めた想い

スペシャルムービー「かなえる、のムービー」は、オリコがブランドスローガンに掲げている『かなえる、のそばに。』を表現したムービーです。自らの夢にまっすぐに進む全ての人たちに、チャレンジすることの素晴らしさ、その夢を応援したい、そんなメッセージが込められています。

「かなえる、のムービー」 Youtube
藤原 麻里菜さん篇 ・・・・https://youtu.be/5YlUu_8wC38




小野ウどんさん篇 ・・・・・https://youtu.be/ZEHjarIEZeQ




伊達 由尋さん篇 ・・・・https://youtu.be/EBc35tblH1I








撮影エピソード

空間さえも無駄づくりの作品?! / 無駄づくり発明家 藤原 麻里菜
藤原さんの新しいアトリエは実はまだ改装途中。これから床を変えたり、壁を塗ったりと、構想を楽しそうに話す姿が印象的でした。そしてアトリエの中に小さな謎の部屋が。
ここは特に何に使うか決まっておらず、物も置いていない。もしかするとこれもアトリエの「無駄づくり」なのかも・・?!

工房にミラーボール?!異空間で食す絶品うどん!/うどんアーティスト 小野ウどん
うどんづくりの工房にミラーボール。異質な組み合わせの空間に最初はお客さんも戸惑っていましたが、いざ「うどんディスコ」というイベントが始まると少しづつ音楽にノリ始めるお客さん、小野さんの掛け声に答えるお客さん、うどんを踏みながら踊るお客さん、やがて会場には不思議な一体感が生まれていました。そして最後は自分たちで作ったうどんを食す。その味は普段のうどんとは比べ物にならないほど格別な美味しさでした。

気温34℃の真夏でもクーラーを絶対に付けない職人魂に感動! / 女性鬼師 伊達 由尋
鬼瓦制作は温度管理・湿度管理がとても重要なので、工房の中は基本的に年中エアコンはつけないのがルール。そうは言っても撮影当日の高浜の気温は34度。まさにサウナ状態で汗だくになる撮影スタッフ。そんな中、「いつものことなので」と涼しげな笑顔で作業をつづける伊達さんの姿が印象的でした。




登場人物紹介



無駄づくり発明家 藤原 麻里菜
頭の中に浮かんだ不必要な物を何とか作り上げる「無駄づくり」を主な活動としてYoutubeを中心に活躍中。現在に至るまで200個以上の不必要なものを作る。
代表作に「寝ている間に賢いツイートをしてくれるマシーン」「将棋で負けを認めないマシーン」など多数。


うどんアーティスト 小野 ウどん
全国を旅しながら出張讃岐うどんを提供するうどんアーティスト。
「音楽とうどんの融合」をテーマに、国内イベントでは、FUJIROCK FES、海外ではNYエンパイヤステートビルでの手打ちパフォーマンスを成功させるなど、国内外で活躍中。


女性鬼師 伊達 由尋
日本の伝統技術を受け継ぐ若手女性鬼師。
幼いころからクラッシックバレエに打ち込み、アイドルも目指すが、家業を継ぐために20歳で鬼師になることを決意。2017年 23歳という若さで愛知県鬼瓦技能製作師(鬼師)の評価試験中級に合格。女性らしい意匠を取り入れ、鬼瓦の世界を広げるために日々精進している。

他の画像

関連業界