スマートフォン「AQUOS sense3 plus サウンド」<SHV46>をKDDIより発売

2019/10/10  シャープ 株式会社 

液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」と立体音響技術「Dolby Atmos (R)」対応ステレオスピーカーにより、迫力のある動画や音楽が楽しめる


「AQUOS sense3 plusサウンド」<SHV46> (左から、クラッシィブルー、ホワイト) ワイヤレスイヤホン (同梱品)
シャープは、迫力のある動画や音楽が楽しめるスマートフォン「AQUOS sense3 plus サウンド」<SHV46>を商品化します。KDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社より2019年12月上旬以降発売予定です。

本機は、約6.0インチ フルHD+(2,220×1,080画素) IGZO液晶ディスプレイを搭載。液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、明るく色鮮やかな映像を実現しました。また、立体音響技術「Dolby Atmos (R)(ドルビーアトモス)」に対応したステレオスピーカーの搭載に加え、高音質伝送技術「Qualcomm (R) aptXTM HD」に対応したワイヤレスイヤホン(※1)を同梱しました。自宅はもちろん、移動中や外出先でも迫力あるサウンドで動画や音楽をお楽しみいただけます。

省エネ性能に優れたIGZO液晶ディスプレイに加えて、スマートフォンAQUOS史上最大(※2)となる4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。さらに、高性能CPU「Qualcomm (R) Snapdragon TM 636 mobile platform」や6GB RAMメモリ「LPDDR4x」などを採用し、長時間の電池持ちと快適な動作を両立しました。

メインカメラはツインカメラを採用しました。標準カメラにはイメージセンサーの各ピクセル(画素)が、撮影とピント調整の機能を併せ持つデュアルピクセルセンサーを搭載。全画素でピントを合わせるので、素早く精度の高いピント調整が可能です。広角カメラには画角123°の超広角カメラを搭載し、広大な風景もワンショットに収めます。

品名:スマートフォン
ブランド名:AQUOS sense3 plus サウンド
形名:SHV46
発売時期:2019年12月上旬以降

■主な特長
1.約6.0インチのIGZO液晶ディスプレイと「Dolby Atmos (R)」対応ステレオスピーカーを搭載したほか、高音質ワイヤレスイヤホンも同梱。迫力のある動画や音楽が楽しめる
2.4,000mAhの大容量バッテリーや高性能CPUの搭載などにより、長時間の電池持ちと快適な動作を両立
3.メインカメラは、素早く精度の高いピント調整が可能なデュアルピクセルセンサーを搭載

※1 Pioneerブランド「C7wireless special edition」。
※2 4,000mAhバッテリーは、2019年度AQUOS sense3シリーズ全機種に搭載しています。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/191010-b.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/news/191010-b.pdf

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p191010-b.html

他の画像

関連業界