みかん農家の奥義『有田むき』に挑戦して“みかんの樹まるごと1本分の有田みかん” をもらっちゃおう! ~和歌山 有田みかんプレゼンツ~「有田むきチャレンジ」キャンペーン始動!

2019/10/10  JAありだ共選協議会 

キャンペーン期間:10月8日(火)~11月30日(土)URL:https://aridamuki.jp/

JAありだ共選協議会(所在地:和歌山県和歌山市)は、日本国民に長らく愛され続ける「有田みかん」を、もっと多くの方に食べていただき、知っていただくため「有田むきチャレンジ」キャンペーンを10月8日(火)~11月30日(土)まで開催いたします。



             ★キャンペーンサイトURL: https://aridamuki.jp/

和歌山県は、みかんの生産量が日本一の“みかんどころ”です。そんな和歌山県民にとっては当たり前すぎるみかんのむき方 “有田むき” に今回のキャンペーンでチャレンジしていただきます。その模様を、ご自身のInstagram・Twitterへ「#有田むきチャレンジ」をつけて投稿いただくと、投稿していただいた方の中から抽選で10名様に『有田みかんの樹 まるごと1本分のみかん(約500個)』のプレゼントいたします!みかん好きな方、和歌山県出身の方、何かをむくことに夢中になれる方、年齢や性別を問わずどんな方でも参加できますので、是非ふるってご参加ください!


有田みかんとは?



みかん生産量日本一の和歌山県有田地域を中心に生産され、約450年の歴史を誇る代表的なブランドみかんで、2006年には、地域団体商標の第一弾として認定されました。皮も中の薄皮も薄く、コクのある甘さや濃厚な味わいが特徴です。温暖な気候と、豊かな立地に恵まれて育った有田みかんには、ビタミン C、ビタミン B1、β-クリプトキサンチンの 3 つの栄養が多く含まれ、手軽に栄養素がとれることも特徴です。


有田むきとは?

「有田むき」とは、有田地域特有のみかんのむき方の呼び名です。早くてカンタンに、手を汚さずに食べることが出来るため、元々生産農家が作業中に素早くむくために広まっていました。外の皮も中の皮も薄い有田みかんは、『有田むき』に最適です。


1.まずは果頂部を左右の親指で2つに引き割る。
2.1.の半分をさらに割る
3.2.の要領で4分の1に割る
4.そのまま口に運ぶ


「有田むきチャレンジキャンペーン」詳細

・実施期間:2019年10月8日(火)~2019年11月30日(土)
・プレゼント:有田みかんの樹1本分(約500個)の有田みかん×10名様
・参加方法:

1.instagramまたはTwitterをインストール
2.公式アカウントをフォロー
3.有田むきの動画・静止画を撮影
4.「#有田むきチャレンジ」とハッシュタグをつけて投稿!

・投稿例:

JA ありだ公式 Instagram アカウント:@kouhouarida
URL:https://www.instagram.com/kouhouarida/

JA ありだ公式 Twitter アカウント:@aridamuki_cp
URL:https://twitter.com/aridamuki_cp



有田むきを広めるスペシャルメンバー

有田むきをさらに広めるべく、有田みかん特命大使にはお笑い芸人の「フルーツポンチ」、有田むきチャレンジアンバサダーには「わんだーらんど」(和歌山県の住みます芸人)「フルーツおじさんとっしー」(フルーツ愛好家芸人)が就任しました。公式HPでは有田むきをテーマにオリジナルのネタを披露。本編を見ると「ネタ裏話」ボーナス動画が視聴できます。




主催者情報


主催者:JA ありだ共選協議会
所在地:〒640-8331 和歌山県和歌山市美園町五丁目 1-1
代表者:林 隆家
TEL: 073-488-5581

他の画像

関連業界