【神戸みなと温泉 蓮】「世界糖尿病デー」に糖尿病啓発イベントを実施

2019/10/11  株式会社 ラスイート 



関連URL:https://ren-onsen.jp/event/bluecircle2019/

京阪神初の厚生労働省認定健康増進施設「神戸みなと温泉 蓮」(総支配人:坂口 淳一 所在地:神戸市中央区新港町1-1)は、2019年11月14日(木)が世界各地で糖尿病の予防や治療、療養を啓発する「世界糖尿病デー」であることに合わせて、「ジョギングイベント~広げようブルーサークル~」を開催します。

昨年に続き2回目の開催となる今回のゲストランナーは、箱根駅伝でアンカー10区を走り、5人をごぼう抜きにした区間最多記録を保持する岩田 豪氏。当日は、岩田氏による運動の観点からの糖尿病予防と健康の大切さに関するミニレクチャーを受けたあと、負荷が少なく気軽にできる「スロージョギング」を行います。「世界糖尿病デー」のシンボルであり、国連の旗の色でもあるブルーに光るブレスレットをつけてブルーライトアップされた神戸市内各地を一緒に走り、「ブルーサークル」を広げます。
イベントを通じて、糖尿病の予防や治療継続の重要性を周知し、理解を深めることのできる貴重な一日です。

【11月14日は世界糖尿病デー】ジョギングイベント~広げようブルーサークル~


[日  時] 11月14日(木)18:30 ~19:30
[集合場所] 神戸みなと温泉 蓮 
[定  員] 30名 
[対  象] 小学生以上 
[料  金] 無料
[ゲストランナー] 岩田 豪氏 
[協  力] 大塚製薬株式会社 ニュートラシューティカルズ事業部 
[主  催] 神戸みなと温泉 蓮
※入館料は含まれておりません。 
※集合又は活動場所への交通手段、経路の確認、宿泊等の手配は各自で行ってください。
※傷害保険は主催者が一括加入しますが、保険の適用範囲は、契約内容に基づくものとします。
(主催者の指示を守らなかった場合等については適用外となりますのでご了承ください) 
※悪天候に備え、防寒・雨天対策は各自で行ってください。

◆世界糖尿病デーとは
アメリカの糖尿病の少女がこの病気に対する関心や理解を高めてほしいという手紙を、国際糖尿病連合の会長に書いたのが始まり。小児科医だった当時の会長は、子どもの糖尿病に理解があり、糖尿病患者が世界中に非常に増えているという現状を踏まえ、国連決議を求める運動を起こしました。その結果、2006年12月20日に「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が国連総会で採択され、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日である11月14日が「世界糖尿病デー」に制定されました。

◆ブルーサークル
青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」は、糖尿病に関する国連決議が採択された翌年2007年から使われるシンボルマークです。国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、“Unite for Diabetes ”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズが込められています。

関連URL: https://ren-onsen.jp/event/diabetesday/
【お客様のお問い合せ先】神戸みなと温泉 蓮 TEL:078-381-7000(代表)


他の画像

関連業界