健康宣言の制定について

2019/10/11  日鉄物産 株式会社 


日鉄物産株式会社(本社:東京都港区、社長:佐伯 康光)は、社員が「健康」であり、能力を最大限に発揮することが、生産性向上などの組織の活性化をもたらし、企業の持続的成長につながると考えています。

社員一人ひとりが活き活きと実力を発揮し、安心して働き続けられる職場環境の整備などの健康経営を更に進めるため、本日、日鉄物産グループとして「健康宣言」を制定しましたのでお知らせいたします。



【健康宣言】
日鉄物産グループでは、「人を育て人を活かし、人を大切にする企業グループ創り」を企業理念の一つに掲げており、社員一人ひとりの健康の維持・向上が、経営課題を実行するための重要な基盤であると考えています。そのために、会社、健康保険組合が一体となり、健康経営を推進してまいります。

1.会社と健康保険組合が協力して社員一人ひとりの健康増進を支援します。
2.「働きやすい職場、働きがいのある仕事」を実現するため、会社と社員が協力し、誰もがワクワクしてやりがいの感じられる就労環境を整備します。
3.働き方改革と生産性向上を推進し、ワーク・ライフ・バランスを充実させます。

関連業界