各種業務用大型ディスプレイを開発

2019/10/11  シャープ 株式会社 

120V型8K液晶ディスプレイ、60V型4Kインフォメーションディスプレイ、90V型シースルーディスプレイ


●画面はいずれもハメコミ合成です。実際の表示とは異なります。
シャープは、8K液晶ディスプレイで世界最大級(※1)となる「120V型8K液晶ディスプレイ」、4台組み合わせることで120V型8K相当のマルチディスプレイを実現する「60V型4Kインフォメーションディスプレイ」、ショーウィンドウなどのシーンで新たな演出手法を提案する「90V型シースルーディスプレイ」を開発しました。

当社は、8Kモニターやインフォメーションディスプレイ、電子黒板などのBtoB向けディスプレイ商材を、業界に先駆けて開発・提案してまいりました。この動きをさらに加速すべく、8K+5G時代にふさわしいBtoB向けディスプレイ機器を群展開してまいります。

これら新開発のディスプレイは、10月15日(火)から18日(金)まで、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される「CEATEC 2019(出展場所:スマートXゾーン ホール2 E002)」に参考出展します。

※1 1枚の8K液晶パネルで構成されるディスプレイとして。当社調べ(2019年10月11日現在)

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/191011-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/news/191011-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p191011-a.html

他の画像

関連業界