47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 長崎の味『ポテトチップス ちゃんぽん味』 11月18日(月)発売

2019/10/11  カルビー 株式会社 

具材のうまみが詰まった長崎の“とっておき”がポテトチップスに!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、長崎を代表する麺料理の味わいを再現した『ポテトチップス ちゃんぽん味』を数量限定・期間限定で2019年11月18日(月)から、長崎・福岡・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄(8県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります。※12月下旬終売予定




【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2019年度の長崎の味『ポテトチップス ちゃんぽん味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、長崎県庁にて地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。2017年度の「あごだし味」、2018年度の「佐世保レモンステーキ味」に続く味案として、「角煮まんじゅう」や「五島の椿油」等のアイデアも出されましたが、地元の方々に愛され根付いている味として「ちゃんぽん」に決定しました。

【商品特長】


明治時代に長崎の中華料理店で誕生した「ちゃんぽん」は、今では長崎を代表する麺料理となり、多くの飲食店で食べることができるご当地グルメです。本商品はその「ちゃんぽん」の味わいを再現したポテトチップスで、豚骨をベースに魚貝や野菜の旨味がぎゅっと詰まったクリーミーな美味しさが楽しめます。

パッケージは、冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」をイメージした背景に、長崎を代表する焼物「波佐見焼(はさみやき)」の器に盛られた「ちゃんぽん」の写真を中央に大きく配置し、味の想起がしやすいデザインにしました。長崎県のPRキャラクター「がんばくん」「らんばちゃん」を掲載し、親しみを感じさせるとともに、裏面では長崎県のPRとして、漁獲量や獲れる魚種がともにトップクラスの水産県ならではの名産品「長崎かんぼこ」の紹介をしています。

【開発担当者のコメント】
とんこつや魚介、クリーミーな味わい等、皆様が感じる「ちゃんぽん」の味わいはそれぞれだと思います。そのため、「ポテトチップス ちゃんぽん味」を作り込む際には、どの味を一番特徴づけるのが良いのか、とても悩みました。地元の方々に試食していただき、一緒に考えていただく中で、やさしいとんこつも魚介の甘味もあるけど、白コショウの風味が「ちゃんぽん」のおいしさをより際立たせているのではないかということで、白コショウをアクセントに効かせた美味しさに仕上げました。本商品を食べていただき、「ちゃんぽんの味だ!」と思っていただけると嬉しいです。
10月11日、長崎県庁にて副知事表敬を行いました。
商品名:ポテトチップス ちゃんぽん味
内容量:55g
エネルギー:305kcal
JANコード:4901330537081
価格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2019年11月18日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:長崎・福岡・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
アンテナショップ:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店

他の画像

関連業界