ワントゥーテン、「コクヨ しゅくだいやる気ペン」の製品開発を担当 プロジェクトは「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」ACCシルバーを受賞

2019/10/11  株式会社 ワントゥーテン 

株式会社ワントゥーテン(本社:京都市、代表取締役社長:澤邊芳明、以下 1→10)は、コクヨ株式会社(本社:大阪市、社長:黒田英邦、以下 コクヨ)が販売している「しゅくだいやる気ペン」の製品開発、クリエイティブディレクションを担当し、本プロジェクトが「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」(主催:一般社団法人 ACC)クリエイティブイノベーション部門においてACCシルバーを受賞しました。



コクヨ「しゅくだいやる気ペン」
「しゅくだいやる気ペン」は、家庭学習をサポートする まったく新しいコンセプトのIoT文具として開発されました。1→10は、本プロダクトのプロトタイプ開発から、製品版のクリエイティブディレクションと製品の設計、開発を担当しました。プロダクトは2019年7月17日に販売が開始され、発売当初から多数の問い合わせがあり、初回生産分は完売と大変な反響をいただきました。


ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS クリエイティブイノベーション部門 シルバー受賞
「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」は、あらゆる領域におけるクリエイティブを対象として開催されているアワードです。クリエイティブイノベーション部門は「ビッグアイデア×テクノロジー」で産み出されたプロダクト&サービスと、プロトタイプが審査対象となります。
「しゅくだいやる気ペン」は、多くのコンセプトモデルや新機軸の事業構想のなか、サービスの実現を高く評価していただき、ACCシルバーを受賞することができました。
ワントゥーテンでは、今後もクリエイティブとテクノロジーの力で革新的なサービス・プロダクトを社会に実現してまいります。



ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSでの紹介ページ:
http://www.acc-awards.com/festival/2019fes_result/ci.html

■「しゅくだいやる気ペン」について
コクヨの「しゅくだいやる気ペン」は家庭学習の習慣化をサポートする、まったく新しいコンセプトのIoT文房具です。いつものえんぴつに付けるだけで、勉強への取り組みを分析して見える化します。やる気ペンが日々の努力を見える化するため、子どもは書きたくなる。保護者には褒めるきっかけが生まれる。褒められるから子どもはますます書きたくなる。このサイクルを繰り返すことで、子どもの「勉強する」という行動が自然に強化されていきます。
https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/yarukipen/

■1→10について
最先端テクノロジーを軸に、デジタル技術を駆使した新サービスの開発や、プロジェクションマッピング・XR
などを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っている近未来クリエイティブ集団。2018年1月に行われた東儀秀樹出演の「源氏物語音楽絵巻~儚き夢幻~」でのデジテル映像表現、また7月に行われた市川海老蔵出演の「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎 夜の部 『通し狂言 源氏物語』」でのイマーシブ(没入型)プロジェクションなどに見られる、日本の伝統文化と先端テクノロジーの融合によるアート活動のMixedArts(複合芸術)プロジェクトや、夜の旧芝離宮恩賜公園を活用した紅葉ライトアップイベントの総合演出、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせた新しいスポーツエンタテインメントのCYBER SPORTSプロジェクトなど、多くの独自プロジェクトも進行している。
https://www.1-10.com/

他の画像

関連業界