【速報】 2019年スポーツマーケティング基礎調査~ワールドカップ日本開催で高まるラグビー人気~

2019/10/11  株式会社 マクロミル 

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長 グローバルCEO:スコット・アーンスト)と、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林聡)は、共同企画として「2019年スポーツマーケティング基礎調査」を実施しましたので、速報版を発表いたします。 本調査は、全国15歳(中学生を除く)~69歳のマクロミルの調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2,000名の回答を得ました〔調査期間:2019年9月26日(木)~9月27日(金)の2日間〕。本調査は2004年から始め、今回で16回目になります。


■主な調査結果


スポーツ参加市場規模は約2.3兆円
スタジアム観戦の支出額は年間46,509円で昨年より12.8%増
スポーツ観戦が好きという人が増加。観るスポーツの上位は野球、サッカー、スケート・フィギュアスケート、バレーボール、テニス
プロ野球ファン人口は2,685万人で昨年比90万人減。サッカー日本代表のファンはワールドカップ。ベスト16に入った効果が薄れ昨年比351万人減の2,973万人。Jリーグファン人口は1,061万人。B.LEAGUEファン人口は692万人、Vリーグファン人口は557万人に増加
日本でのワールドカップ開催でラグビーに関心を持つ人が急増
好きなスポーツ選手は米大リーグで活躍した大谷選手が1位、フィギュアスケート羽生選手が2位。フィギュアスケートではシニア1年目で活躍した紀平選手が5位
キャッシュレス決済利用者の7割がスタジアム等での観戦時に利用意向をもつ。利用したい場面は「チケット購入」「レストランでの飲食」「売店での購入」等


■調査概要

<調査の趣旨>
マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、データに基づいたスポーツ経営やスポーツ振興に
役立つ資料整備に向けた取り組みとして、スポーツマーケティング基礎調査を共同で実施しています。
今年で16目となる本調査では、これまでの調査結果を踏まえて、生活者のスポーツに対する意識や
消費行動の変化を把握します。

<調査方法>
インターネットリサーチ

<調査対象者>
全国15歳※~69歳の男女(マクロミルモニタ会員) ※中学生は除く

<有効回答人数>
2,000名

<割付方法>
性別(男性、女性)と年代(15-29歳、30代、40代、50代、60代):各200名
地域(北海道・東北:220名、東京:220名、その他関東:470名、中部:360名、
近畿:330名、中国・四国:170名、九州・沖縄:230名)

<調査期間>
2019年9月26日(水)~9月27日(木)


■本資料、およびレポート版売について

本リリースは全設問項目の中から抜粋し作成しています。調査結果のデータは速報値です。
本調査の結果をとりまとめた詳細レポートは2019年11 月に、三菱UFJ リサーチ&コンサルティングから
提供予定ですが、詳細レポートではデータが修正される場合がありますのでご了承ください。

「2019年 スポーツマーケティング基礎調査」のレポートの販売は、2019年11月を予定しています。
レポートの販売の詳細情報は下記サイトをご覧ください。
URL:http://www.murc.jp/sportsmarketing/


■引用について

本調査結果の引用に際しては、必ず下記のクレジットを明記してください。
「マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングによる共同調査」

以上

他の画像

関連業界