名刺忘れのピンチを救う!自分の名刺をコンビニで印刷できる『マイ名刺』が誕生!全国のコンビニ約58,000店舗で利用可能!

2019/10/11  株式会社 サムライソード 

株式会社サムライソード(所在地:東京都豊島区、代表取締役:比企良公)は、自分の名刺をいつでも全国のコンビニで印刷できる「マイ名刺」をリリースし、2019年10月11日よりサービスの提供を開始しました。

「名刺を忘れた!」「名刺を切らしてた!」という経験のある方は多いと思いますが、「マイ名刺」に自分の名刺を登録しておけば、いざ必要な時に最寄りのコンビニですぐに自分の名刺を印刷することが出来るんです! 全国のセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキのマルチコピー機で利用可能。約58,000店舗で24時間365日利用できるので、営業時の機会損失を回避できますよ! 登録は無料!まずはいざという時のために登録をしておきませんか?



名刺を作るサービスではありません!自分の名刺をすぐ入手できるサービスです!






『いつもの名刺』を登録しておくだけです!

名刺のサービスは数多あれど、いつも利用している『自分の名刺』を、必要なタイミングで印刷できるサービスは見かけません。
いざという時に、『いつもの名刺』を印刷できるサービスがあったら便利なのに・・・という思いにお応えして、コンビニ名刺プリントサービス「マイ名刺」が誕生しました。


「マイ名刺」では、全国のセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキの約58,000店舗で、24時間365日いつでも『いつもの名刺』を印刷できます。


「名刺忘れた!」「名刺切らしてた!」なんてことは、もう心配ありません!

営業や訪問の機会において、名刺を忘れてしまった!名刺を切らしてしまった!といった経験をされたことがある方、多いと思います。
「マイ名刺」の登録をしておけば、そんなピンチも怖くありません!
貴重な商談の機会損失を回避できる頼もしいサービスが「マイ名刺」です。






登録は無料!利用も簡単!スマホで準備万端!

「マイ名刺」はとても簡単。サービスサイトにアクセスして、いつも利用している『自分の名刺』をカメラで読み込むか、スマホに保存したデータから読み込むだけで登録完了です。
*名刺のjpgデータなど高画質のデータがあれば、そちらをご利用いただいた方が綺麗です。
利用するときには、サービスサイトから印刷したい名刺を選んで、印刷用紙(L版・2L版)を選択するだけで、コンビニで印刷するためのプリント番号(受取番号)が表示されます。
その番号を、コンビニ複合機に入力して購入いただくことで、『いつもの名刺』が印刷されます。


何枚でも名刺の登録が可能!複数の名刺をお持ちの方でも安心です!

「マイ名刺」では何枚も名刺の登録が可能です。
複数の名刺をお持ちの方でも、使い分けをしていただくことが出来ます。


登録方法と利用方法

「マイ名刺」サービスサイト(https://www.mymeishi.net/
サービスサイトへアクセスして、名刺の登録をしてください。


<簡単登録>
サービス利用には新規登録が必要です。メールアドレスとパスワードだけで登録できます。



ログインしたら【名刺を登録】を選択しましょう。
カメラ撮影で名刺を取り込むか、スマホに保存されたデータから名刺を取り込むか、を選択できます。どちらかの方法で『いつも使っている名刺』を登録すれば完了です。


<β版の機能>
取り込んだ名刺は、トリミング機能を使ってサイズ調整が出来ます。また色味の補正が可能です。

<利用方法>-コンビニでの印刷方法-
サービスサイトでプリント番号を入手します。
コンビニのマルチコピー機から「コンテンツサービス」⇒「eプリントサービス」⇒「番号入力」の順に操作し、料金を投入することで『自分の名刺』が印刷されます。





*「eプリントサービス」は株式会社ビジネス・インフォメーション・テクノロジーのサービスです。
*「マイ名刺」は「eプリントサービス」のプラットフォームを活用して提供するサービスです。

<利用料金>
選べるサイズは2種類です。L版では2枚の名刺を200円で、2L版では4枚の名刺を400円で印刷できます。

*セブン-イレブンではL版のみの取り扱いとなります。(2L版の印刷は出来ません)


本サービスはあくまでも名刺が必要なときのための応急措置として利用を推奨するものです。
写真用紙に名刺をプリントされるため、裏面には印刷されません。
ご利用の際には必要サイズにカットして頂く必要があります。
また、各コンビニ複合機の仕様により色味などの差異が生じることがありますが、予めご了承の上、ご活用ください。

今後のアップデート

現在はβ版としてリリースとなりましたが、今後順次アップデートを行ってまいります。
1. 名刺読み取りの自動化
2. iOS用およびAndroid用のアプリリリース
3. 名刺の印刷バリエーションを拡充
ますます利便性向上に努めてまいります。ご期待ください。

他の画像

関連業界