FDA、OAGの定時運航率ランク"OTP STARS"で世界第2位を獲得

2019/11/08  株式会社 フジドリームエアラインズ 

株式会社フジドリームエアラインズ(略称:FDA、本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:三輪 徳泰)は、世界の航空関連データを提供する英国のOAG (Official Airline Guide)が発表した定時運航率(OTP :On Time Performance)の“OTP STARS”において、2018年6月から2019年5月までの年間ランキングで世界第2位を獲得いたしました。




この“OTP STARS”は全ての航空会社※1を対象とした定時運航率※2のランキングで、フジドリームエアラインズは世界第2位にランキングし、5つ星の格付けを得ております。

※1 “OTP STARS”は月間1,500便以上運航する全ての航空会社が対象
※2 定時運航率とは定時から15分以内に到着した便の割合を示す指標

この結果に対して、OAG JAPACセールスディレクターのマユール (マック) パテル氏は、「フジドリームエアラインズが世界で2番目に定時運航率の高い航空会社としての地位を確保したことは、注目すべき業績です。OTPの重要性を認識しただけでなく、業界最高レベルのパフォーマンスを達成するための具体的な措置を講じた航空会社の好例です。」と述べました。
■OAG社コメント原文(Original Message)
Mr Mayur (Mac) Patel, Regional Sales Director of the JAPAC region, OAG said “Securing a spot as the second most punctual airline in the world is a noteworthy accomplishment. Fuji Dream Airlines is a great example of an airline that has not only recognized the importance of OTP but also taken concrete steps to achieve best-in-class levels of performance”.


なおFDAは、2019年7月に国土交通省が発表した2018年度の定時運航率※3において94.27%で第1位を獲得しております。
※3『航空輸送サービスに係る情報公開』において、特定本邦航空運送事業者(12社)及び特定本邦航空運送事業者以外の事業者(8社)の合計20社のうち固定翼機を運航する全19社の中で、2018年度の定時運航率が94.27%となり第1位を獲得した

FDAではこれからも安全を最優先に、お客様の利便性のため定時性の高い運航を目指すべく社員一同努力を続けてまいります。

■OAGによるエアライン定時運航率ランキング


【OAG Aviation Worldwide Limitedについて】
OAGは英国に拠点を置くデジタル航空情報会社で、900社以上の航空会社や4,000ヶ所以上の空港の情報 データベースを保持し、世界中の航空会社、空港、政府機関、航空機製造会社、コンサルタント企業、旅行関連企業など幅広いお客様に正確かつタイムリーな航空データと分析ツールを提供している企業です。

■OAG 航空会社のOTP(On Time Performance) 総合ランキングはこちら
https://www.oag.com/on-time-performance-airline-airport-star-ratings

以上

他の画像

関連業界