宿泊業界関係者から「宿泊業界で外国人採用は必須」の声 特定技能を中心とした外国人雇用セミナーを飛騨高山で開催!

2019/12/03  株式会社 ダイブ 

外国人人材サービス運営する株式会社ダイブ(旧社名:アプリ、本社:東京都新宿区、代表取締役:庄子潔、以下ダイブ)は、外国人ビザ申請に特化した行政書士法人Climb(本社:東京都新宿区、代表者:森山 敬 北島 正一、以下Climb)、宿泊施設専門の集客パートナー株式会社宿泊予約経営研究所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:矢津 達彦、以下宿研)と、2019年11月19日に飛騨高山で、宿泊業界関係者に向けた、外国人雇用・ブランディング集客セミナーを開催しました。


外国人雇用・ブランディング集客セミナーを開催しました。 セミナー詳細(https://bit.ly/2Y19TRQ







今回は、外国人の雇用の検討や理解を深めたい、ブランディング活用により集客を増やしたいと考える飛騨高山の宿泊業界関係者にご参加頂きました。

セミナーは2部構成で、第1部では、宿研戦略運用室マネジャーの坂本氏より、宿泊業界のブランディング集客方法をご紹介しました。

第2部では、Climb代表社員森山氏より特定技能を中心としたビザに関する説明や外国人を採用するにあたっての注意事項などをお話ししました。また、ダイブ外国人人材サービスユニットマネジャーの菅沼より、外国人人材の現状と今後の傾向について説明しました。

参加企業からは、「これからは国内人口が少なくなるので、外国人採用は必須になると思う」との声が聞かれました。


全国の観光地で無料外国人雇用セミナーを開催しております。お気軽にご相談ください。

株式会社ダイブ 菅沼(すがぬま) TEL:03-5657-3030 Mail:motoi.suganuma@dive.design


他の画像

関連業界