Lang-8が提供するグローバルQ&Aアプリ「HiNative」がGoogle Play 「ベストオブ 2019」アプリカテゴリーに入賞!

2019/12/03  株式会社 Lang-8 

2017年「ベストオブ 2017」アプリカテゴリー ソーシャル部門入賞に続き2度目の受賞

株式会社Lang-8(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:喜 洋洋)が提供するグローバルQ&Aアプリ「HiNative」がGoogle Play 「ベストオブ 2019」アプリカテゴリー 自己改善部門に入賞致しました。




2014年11月より提供がスタートしたグローバルQ&Aアプリ「HiNative」。同サービスは、提供開始当初より世界中の皆様にご活用いただき、対応言語数や国、地域数と共に登録ユーザー様が増え続けております。この度「HiNative」は、Google Play 「ベストオブ 2019」アプリカテゴリー 自己改善部門に入賞しました。

■グローバルQ&Aアプリ「HiNative」とは
「HiNative(ハイネイティブ)」は、全世界で利用されているネイティブスピーカーがお互いに言語や文化を教え合うグローバルQ&Aアプリです。例えば、英語に関する質問を投稿すると英語ネイティブのユーザーが回答してくれて、お返しにこちらは日本語を教えてあげることが出来ます。現在、全世界232ヵ国で利用され、113の言語で活発にやりとりされております。

■Google Play「ベスト オブ 2019」とは
Google Play「ベスト オブ 2019」は、Google Play が 2019 年で話題になったゲーム、アプリを選出し発表する企画です。
自己改善部門は、体質改善・言語習得・生活習慣改善など、目標達成に至る日々の小さな努力を楽しくサポートするアプリを対象とした部門です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

HiNativeは、2014年11月のローンチ以降、2017年にはGooglePlayStoreベストアプリを受賞、2018年には300万人ユーザーを突破、そして本年10月にはユーザー数が全世界で500万人を突破いたしました。また同サービスは現在、113言語に対応しており、232の国と地域から利用されており、全世界のユーザー様にご利用いただいております。




HiNativeを世界最大の語学・文化グローバルプラットフォームに成長させることを目標に、直近では1,000万MAUの突破、長期的には1億MAUを目指していきます。そのために、ユーザー数や質問・回答数を増やす、回答の信頼性を上げるなど質を高める取り組みならびに、サービス規模の拡大などに向けた施策を行ってまいります。


■アプリ詳細
iOS版アプリダウンロードページ
https://itunes.apple.com/app/hinative-language-culture/id923920480

Android版アプリダウンロードページ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lang8.hinative

Web版
https://hinative.com

【会社概要】
会社名 : 株式会社Lang-8
URL : http://lang-8.jp
事業内容 : 語学学習サービス Lang-8とHiNative、HiNative Trekの企画・開発・運営
所在地 : 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿一丁目21番8号
設立:2007年6月29日
代表取締役:喜 洋洋

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース