WE Day Community: Japan2020年3月20日(金・祝) 東京都渋谷区にて開催決定!

2019/12/03  特定非営利活動法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 

カナダ・アメリカ・イギリスなどの主要都市で毎年開催される、子どもたちのソーシャルアクションを促す世界的ライブイベント、ついに日本へ!東京・渋谷でアジア初開催


 WE Dayは、「自分達には世界を変える力を持っている」「世界を変えるために、自分たちができることを考えて行動しよう」というメッセージを伝える目的で、国内外の社会課題に何らかのソーシャルアクション(社会貢献活動)に取り組んだ子ども・ 若者を招き、その活動を祝い、チェンジメーカーとして更に発展していけるようエンパワーメントする(力づける)、世界的ライブイベントです。

 2007年にカナダのトロントで開催され、2018年にはニューヨーク、ロンドン、バンクーバー、トリニダー ド・トバゴなど、4ヵ国15都市で年間30万人以上もの子どもや若者が参加する一大ムーブメントになりました。これまでにダライ・ラマ14世、マララ・ユスフザイさん、ヘンリー王子、セレーナ・ゴメスさん、トルドー首相など著名な活動家、政治家、セレブが出演し、参加者の子ども・若者達を力づけています。

 認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(法人本部:東京都世田谷区/代表:中島早苗)は、世界各地で行われている「WE Day」を日本で開催したいと長年画策しており、この度、東京オリンピック・パラリンピックも開催される2020年、ついに開催の運びとなりました。渋谷区をはじめとした様々な方から賛同を受けながら、東京・渋谷のLINE CUBE SHIBUYA(旧:渋谷公会堂)に初上陸します。今回の開催は、まだ開催実績のなかったアジア圏で初の試みとなります。

 現在も様々な業界の著名人から、賛同の声が拡大中です。注目の出演者やコンテンツの詳細について、今後随時お知らせしてまいります。


賛同コメント 渋谷区長 長谷部 健

渋谷区は、基本構想で「ちがいを ちからに 変える街」を区の未来像として掲げ、多様性を受け入れて、あらゆる力をまちづくりの原動力に変えていく「成熟した国際都市」を目指しています。WE Day Japan は、未来を思う子どもたちの、かけがえのない行動を支援し、次のアクションが生まれるきっかけになっていくものと信じています。私自身もNPO出身であり、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンさんの活動を素晴らしく思います。





■開催概要
イベント名:WE Day Community: Japan 2020(読み:ウィー・デイ・コミュニティ・ジャパン)

開催日時:2020年3月20 日(金・祝) 13:00~16:00

会場:LINE CUBE SHIBUYA(旧:渋谷公会堂)

対象:国内外の社会課題に対しアクションを起こした25歳以下の子ども・若者

参加費:無料

出演者:活動家やソーシャルアクションを起こしている著名人など(世界一大きな授業でも紹介された、コンゴの元少年兵ミシェル・チクワニネも登壇!)

プログラム:活動家/著名人によるスピーチやパフォーマンス アクションインパクトを発表 アクションキャンペーンの発表

主催:認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

後援:東京都、渋谷区、渋谷区教育委員会、カナダ大使館、国際協力機構(JICA)、日本YMCA同盟、ガールスカウト日本連盟、 ボーイスカウト日本連盟、ユネスコ・アジア文化センター、ESD活動支援センター、関東地方ESD活動支援センター(その他、省庁等に申請中)

賛同人:坂本龍一(アーティスト)、東ちづる(女優・一般社団法人Get in touch理事長)、鈴木寛(東京大学・慶応大学教授)、喜多明人(早稲田大学 教授)、小暮修也(学校法人 明治学院 学院長)、西郷孝彦(世田谷区立桜丘中学校 校長)、岩附由香(認定NPO法人ACE 代表)、宮城治男(NPO法人ETIC 代表理事)、鵜尾雅隆(認定NPO法人日本ファンドレイジング協会 代表理事)、甲斐田万智子(認定NPO法人国際子ども権利センター(シーライツ)代表理事、文京学院大学教員)、 門田瑠衣子(特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事)、マエキタミヤコ(株式会社サステナ 代表)、堀内光子(児童労働ネットワーク代表、元ILO事務局長補)、谷山大三郎(一般社団法人てとり代表理事)、山田泰久(一般財団法人非営利組織評価センター業務執行理事)、門田頼枚(一般社団法人ソーシャル・ジャパン 理事/演出家)

協力:OSAKAあかるクラブ、フロンティアインターナショナル、iPledge、 オール・ニッポン・レノベーション、Wake Up Japan





■海外におけるWE Day
既に海外で行われているWE Day
●2007年にカナダ・トロントにて第1回目実施(参加者7,000人)、以後、毎年開催
●これまでに、のべ65万人以上の青少年が参加(2007年-2016年)
●2016年度は、カナダ・アメリカ・イギリスなど14都市で、17回開催
●日本テレビ「ZIP!」にてその模様が紹介放映(2014年)

年々、その規模は拡大し世界に広まっています
WE Dayにこれまでに参加した青少年たちによって…
‣2,760万時間のボランティアが行われました。
‣国内外、世界の社会問題に対して、7.4億円の募金が集められました。

■様々なジャンルの著名人も参戦!
●出演者 一例
*マララ・ユスフザイ(人権活動家)
*ナタリー・ポートマン(女優)
*ヘンリー王子(英国王室)
*セレーナ・ゴメス(女優)
*デミー・ロバート(歌手)
*ダライ・ラマ14世(仏教指導者・活動家)
*ウィニー・ハーロウ(モデル)             
*マーティン・シーン(俳優・活動家)*リリー・シン(Youtuber)             
*ジャスティン・トルドー(カナダ首相)



■クラウドファンディング受付中!!
寄附募集期間: 10月9日(水)~12月26日(水)


目標金額に関わらず、集まった金額は全てWE Day Japan 2020開催費に充てさせていただきます。
皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は以下URLよりご確認ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/201000

他の画像

関連業界