中部国際空港セントレアの「道民割」を使ってお得で便利な旅をしよう!「パントビスコ×セントレア道民割」キャンペーンスタートパントビスコ イラストオリジナル限定ステッカーがもらえる!

2019/12/03  中部国際空港 株式会社 

2019年12月6日(金)~2020年3月31日(火)特設サイト:https://www.centrair.jp/special/campaign/hokkaido/pantovisco.html

 中部国際空港セントレア(所在地:愛知県常滑市 以下、セントレア)は、マルチクリエイターのパントビスコとコラボした「パントビスコ×セントレア道民割」キャンペーンを、2019年12月6日(金)~2020年3月31日(火)に実施いたします。



 セントレア道民割キャンペーンは、北海道在住の方でセントレアに飛行機でお越しの皆さんに特典をプレゼントするもので、2018年7月より開始されました。本キャンペーンの合計利用者数は順調に推移し、2019年10月には15,000人を突破いたしました。*¹
 そして今回、より多くの北海道在住の若年層の方に名古屋へお越しいただけるよう、10代後半から30代の方への影響力の高いマルチクリエイター・パントビスコさんとコラボレーションし、名古屋の魅力を発信します。
 2019年12月6日(金)オープン【予定】の本キャンペーン特設サイトでは、名古屋在住経験のあるパントビスコが選ぶ「少しカオスな中部の推しスポット」をご紹介するほか、キャンペーン期間中にセントレア道民割をご利用のお客さまにはオリジナル限定ステッカー「ぺろちの高笑い」をプレゼントします。
 この機会にぜひ、セントレア道民割をご利用いただき、中部地方の文化・特色を北海道在住の方に感じていただければと思います。
*¹: 2018年7月~2019年10月の利用者合計 ※一部期間は未実施


■キャンペーン名称 :パントビスコ×セントレア道民割 キャンペーン
■実施期間     :2019年12月6日(金)~2020年3月31日(火)
■特設サイトURL :https://www.centrair.jp/special/campaign/hokkaido/pantovisco.html
■内容       :
・特設サイトにて名古屋在住経験のあるパントビスコが選ぶ「少しカオスな中部の推しスポット」のご紹介
・期間中にセントレア道民割をご利用いただいた方に、オリジナル限定ステッカー「ぺろちの高笑い」をプレゼント






 セントレアが2018年7月より行っているキャンペーンで、セントレアを利用する北海道民の方が対象。月替わりで中部地域の人気観光スポットの入場料などが無料になります。2019年5月からは伊勢市おかげ横丁で「伊勢うどん」または伊勢神宮参拝の極意が分かる施設「おかげ座」の入場料が無料になるキャンペーンを実施しており、さらに9月から2020年3月にかけて、月替わりで中部地域の観光施設の入場料が無料になるキャンペーン特典を追加しています。
(2020年3月まで実施予定)

■今後のキャンペーン予定:
12月:鈴鹿サーキット 入場料無料(三重県)
1月 :トヨタ産業技術記念館 入場料無料(愛知県)
2月 :リニア・鉄道館 入場料無料(愛知県)
3月 :リトルワールド 入場料無料(愛知県)




 北海道在住の方を対象に調査を行ったところ、中部エリアの来訪比率が他地域に比べて低い(愛知県:50%、岐阜県:26%、三重県:30%)ことが分かりました。しかし、中部エリアの食文化である名古屋めしには、89%の方が「食べてみたい」という意向があり、外国人旅行者にフォトスポットとして人気のあるオアシス21(愛知県名古屋市)には、約63%の方から「行ったことはないけど、行ってみたい」という回答があり、中部エリアに興味のある北海道在住者が多いことが分かりました。(中部国際空港(株)マーケット調査 2018.3実施)

 この結果を受け、セントレアは、中部地方への旅行者が少ない北海道在住の方に食・文化・自然の魅力を伝えるため「セントレア道民割」キャンペーンを2018年7月より実施しています。中部地方の様々な関係者と連携し、このキャンペーンをきっかけに名古屋を中心に中部を観光の一つの選択肢としてご検討いただくことを目的としています。





Pantovisco(パントビスコ)

マルチクリエイター。
インスタグラムでの作品投稿が話題となり、現在のSNS総フォロワーは約68万人。代表的なシリーズに「犬のぺろち」「カオス絵日記」「乙女にささげるレクイエム」などがあり、作品総数は8000点を超える。
現在は「smart」「VOCE」「ViVi」「Numero TOKYO」など8媒体で連載を持ち、表現方法にはとらわれず活動の幅を広げている。

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース