株式会社キャリア・ナビゲーション長嶋哲夫氏が中央工学校とコラボレーション。離職率が叫ばれる建設系企業向けにオリジナル社会人研修をスタート!

2019/12/03  株式会社 キャリア・ナビゲーション 


建築業界と言えば業務が多くハード、昼夜逆転、体力勝負といったイメージを持つ方も多いのではないだろうか。
事実、建設系企業で深刻な人材不足と早期離職問題の解決が求められ、各社対応を迫れれている。




そんな中、株式会社キャリア・ナビゲーション(東京)と中央工学校(東京)が共同で
建設業界を対象とした新人・若手社員向けフォローアップ研修を2019年11月16日にスタートさせた。





建設系企業の抱える人材不足や離職率問題を解決する取り組みとして注目されているようだ。

株式会社キャリア・ナビゲーションは、経済産業省主催のキャリア教育アワードで表彰を受けた実績をもち、若者のキャリア教育に注力している。




中央工学校は、明治42年(1909年)実務的な技術者の養成を目的に設立され、創立110周年を迎える歴史ある専門学校。
元内閣総理大臣である田中角栄氏などが歴代校長を務め、これまで10万8000人超の卒業生を社会へ輩出するなど、充実した学校設備と建築の専門性に特化しているスタンスが学生の支持を得ている。
そんな二社が建築業界が抱える諸問題を解決したいとビジョンが一致し、今回の取り組みが実現した。

プログラムには、2回に分けて研修が実施され都内の建築会社の8社から23名の新人・若手社員が参加。
参加者は他社の若手社員とも交流できるワークショップ形式で進められ、
入社後の自身の成長を振り返ったり、各参加者同士で今後自分の実力をつけるための目標設定などをした。




プログラムの講師を務めたキャリアナビゲーションの長嶋哲夫氏は身体全体を使って、受講者にキャリアアップの重要性を語った。
また、単に講師側から一方的に発信するのではなく、参加者が主体的に参加できるよう模造紙を使ったワークショップ形式で活気良く進められた。




実際に参加した参加者者からは、
「会社では業務に追われ、将来のことを真剣に考える時間は少ない。20代で成し遂げたい自分の方向性についてじっくりと考えることができました」や
「バックグラウンドが異なる他の会社の方々と関わることができて、刺激になりました。建築業界を盛り上げていきたい」という意見が多数上がった。

本取り組みは参加した企業・学生からも好評で、2020年6月に第2回目の開催を予定している。


■中央工学校 若手社員向けフォローアップ・戦力化研修プログラム詳細



講義1. 良いキャリアを歩むための条件とは?


まず自分のスキルをあげなければ、どんな環境で働いても活躍できないという働く姿勢について講師より伝えた。


グループ実習2. 入社後の振り返り

これができれば社会人として一人前というチェックリストをもとに、受講者が自己評価をした。


グループ実習3. 生産性の高い職場とは?

複数の会社が1グループ内に混ざるようグループ分けし、各社で生産性を上げるために、どのような業務フローや情報共有の仕組みがあるのかを発表しあった。


グループ実習3. 会社の強みとは?

受講者が所属する会社単位で、自社の強みを模造紙にまとめて発表した。強みが何かも含め、会社のことをとれたけ理解できているか確認した。


個人演習4. 3ヶ月後の目標

すぐにとりかかれる行動計画を立てた。

■長嶋哲夫氏プロフィール
2010年に株式会社キャリア・ナビゲーションを設立。前職で人事を務め採用や教育研修に携わった経験を活かし、同社でProfessional Student Firm(PSF)という長期インターンシップコミュニティを運営している。今回のパートナーである中央工学校でも講師を担当。
1978年 神奈川県横浜市生まれ
2002年 上智大学大学院理工学研究科修士課程卒業
2004年 鉄鋼専門商社人事部門入社
グループ内15社の経営企画・人事を担当
経済産業省管轄の雇用対策インターンシッププロジェクトに関る
2010年 株式会社キャリア・ナビゲーション設立
企業向け社員教育企画・実施をメイン事業としてスタート
2011年 インターンシップ事業部Professional Student Firm(PSF)を開始
2013年 社会人向け企業家育成塾を開始
2015年 地元神奈川県横須賀市で「よこすか親子経済塾」を開始
2016年 流通経済大学 経済学部 選択科目 起業家育成講座スタート
2017年 中央工学校 情報ビジネス科 必修科目 企業文化理解スタート
2018年 経済産業省キャリア教育アワード受賞

※研修講師実績
・2004-2010年まで専門商社の新人~リーダー層の階層別研修を年間30回企画~実施。
・2010-2013年まで社員数200名未満のベンチャー企業で階層別研修を企画~実施。
・現在は、20社の社内研修を年間40回企画~実施している。

■中央工学校について
創立:1909(明治42)年 10月21日
所在地:〒114-8543 東京都北区王子本町一丁目26番17号
校舎:1号館・2号館・3号館・5号館・6号館・14号館・16号館・17号館・18号館(中央工学校歴史館)・20号館・21号館(STEP)・23号館(RISE)
教職員数(2018年度):313名(教員:専任86名/兼任193名・職員:34名)
学生数(2018年度):1,854名(昼間1,711名/夜間143名)
卒業生総数(2019年3月卒業生を含む):108,381名
その他詳細:https://chuoko.ac.jp/about/

■PSF(Professional Student Firm)とは
PSFは、クライアント企業のインターンシップの企画を行い、さらにその活動に興味がある学生を集め、
実務指導を通じて社会人基礎力・働く姿勢を育む環境を共に創っていく教育機関の役割を果たす組織である。
インターンシップコミュニティPSFには、大学生のインターンシップ生が年間で計1000名以上在籍し、
クライアント企業はこのPSFに参加して、学生と共にプロジェクトをつくる契約を結ぶ。
現在、インターンシッププロジェクトは12あり、それぞれにクライアント企業が存在している。

■PSFの活動について
当社の長期インターンシップ活動は、まず大学の学業を優先させるため、週1日~参加できるように設計されている。
また、プロジェクト活動については、大学生の学習意欲向上のため、時代にあったサービスや直接的に社会貢献が実感できる仕事を任せている。
長期間の活動となるため、意欲の浮き沈みがあり、「楽しさ」や「やりがい」だけではなく「本物のシゴト」とは何かに気づくことができるようになっている。

■PSF会社概要
URL:http://career-navigation.co.jp/
運営元:株式会社キャリア・ナビゲーション
事業内容:大学生向け価値創造人材を輩出するインターンシップコミュニティ「Professional Student Firm」の運営
学校、企業様向け教育カリキュラム研修の企画実施
所在地:〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-24 NBCネクスト市谷ビル2階
JR市ヶ谷駅 徒歩10分
都営新宿線市ヶ谷駅 徒歩10分
東京メトロ有楽町線市ヶ谷駅 徒歩6分
東京メトロ南北線市ヶ谷駅 徒歩6分 MAP
飯田橋駅より徒歩10分
設立:2010年8月20日
代表者:長嶋哲夫


他の画像

関連業界