コロプラ、能動的かつ先進的な採用活動を行う企業を表彰する『オウンドメディアリクルーティング アワード2019』上位5社に選出

2019/12/03  株式会社 コロプラ 

 株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、オウンドメディアリクルーティングに取り組み、能動的かつ先進的な採用活動を行う企業を表彰する『オウンドメディアリクルーティング アワード2019』の上位5社に入賞したことをお知らせいたします。



 Indeed Japan株式会社主催の『オウンドメディアリクルーティング アワード2019』とは、企業が主体的に情報発信をし、能動的に採用活動を行う「オウンドメディアリクルーティング」における先進的な取り組みを表彰するもので、本年が初の開催となります。

 コロプラは「会社の”ありのまま”を伝えたい」という思いから、2015年11月にオウンドメディア『コロプラ Be-ars (https://be-ars.colopl.co.jp/) 』をリリース。社員の経歴や業務内容、企業文化はもちろん、クリエイターによる技術情報から取締役の本音まで、他メディアでは出せないコアな情報を公開しています。メンバーの個性や社風をダイレクトに伝えるための工夫やUIへのこだわり等を評価いただき、多くの応募の中から上位5社に選出されました。

◆審査員コメント(抜粋)
 オウンドメディア運用に早くから取り組み、試行錯誤を続けてきた工夫が伺えました。クリエーター採用がキモであることから、写真や動画を駆使したエモーショナルな訴求で、カルチャーを伝えやすくする設計がされています。また、人事だけでなく現場も含めて「どう社内を巻き込んで採用をすすめるか」が考えられていて、先輩ポートフォリオで登場する人の活性化効果も伺えます。データの見せ方も秀逸です。
(ルーセントドアーズ株式会社 代表取締役/黒田真行氏)

 優秀な求職者であるほど、企業名や提供する製品・サービスからイメージされるその企業のイメージと、実際にその企業が提供している各種メディアのイメージの間の一貫性を気にしています。外部に提示される組織のアイデンティティの一貫性、とでもいいましょうか。必要な情報を提供するという機能性はもちろんのこと、こうした意味でのメッセージの一貫性が同社のオウンドメディアの魅力だと思います。
(神戸大学大学院 経営学研究科准教授/服部泰宏氏)

◆コロプラ Be-ars
https://be-ars.colopl.co.jp/

◆採用オウンドメディアの作り方 『コロプラBe-ars』編集長ブログ Vol.1
https://be-ars.colopl.co.jp/special/_bunblog_vol1.html

 コロプラは、「”Entertainment in Real Life” エンターテインメントで日常をより楽しく、より素晴らしく」という経営理念のもと、人々の生活のほぼ全てである「日常」をより楽しく、より素晴らしくするエンターテインメントの提供に向けた採用活動を推進してまいります。


【株式会社コロプラ 会社概要】
社名   :株式会社コロプラ https://colopl.co.jp
所在地  :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立   :2008年10月1日
資本金  :6,510百万円(2019年9月末日時点)
代表者  :代表取締役社長 馬場功淳
事業内容 :スマートフォンアプリを中心とした
国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供
VR(仮想現実)デバイス向けサービスの提供
位置情報分析コンサルティング、スマートフォン特化型リサーチ等、
その他サービスの提供
公式Facebook:https://www.facebook.com/coloplinc/

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社コロプラ コーポレート本部 経営企画部 広報・IRグループ
https://colopl.co.jp/contact/pr/

※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

他の画像

関連業界