東京建物不動産販売の賃貸物件の入居申し込みに関わる手続きをデジタル化

2019/12/04  イタンジ 株式会社 

~入居申込書のWEB申込受付システム「申込受付くん」を導入~

イタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野口 真平/以下、イタンジ)は、東京建物不動産販売株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:加茂 正巳/以下、東京建物不動産販売)に、2019年12月4日より賃貸物件の入居申し込みに関わる手続きをデジタル化するため入居申込書のWEB申込受付システム「申込受付くん」を提供いたします。


左:東京建物不動産販売株式会社 取締役 常務執行役員 花田 努様、右:イタンジ株式会社 代表取締役 野口 真平
「申込受付くん」は、賃貸物件の入居申し込みに関わる手続きをデジタル化することにより、入居するまでの時間と手間を大幅に削減できる、WEB申込受付システムです。
「申込受付くん」の導入により、入居希望者が複数の書類に共通する情報を何度も記入する手間を削減できるだけでなく、入居希望者がWEB上で入力した情報や手続きの進捗を、賃貸管理会社(東京建物不動産販売)、賃貸仲介会社、賃貸保証会社間で共有することができ、申込書提出から審査までの時間短縮と業務効率化を実現することが可能になりました。
「申込受付くん」サービスイメージ

東京建物不動産販売は既に同じくイタンジが提供する空室情報等に関する問い合わせ電話への自動応答システム「ぶっかくん」を2019年8月より、内見予約WEB受付システム「内見予約くん」を2019年11月より導入しています。今回の「申込受付くん」の導入により、東京建物不動産販売の賃貸管理物件においては、物件の空室確認から、内見予約、申し込み受付までの一連の流れをデジタル化し、一元管理することが可能になりました。
不動産賃貸取引においては、国土交通省が賃貸取引全体のデジタル化を推進しております。東京建物不動産販売とイタンジは、これらの状況を踏まえ、不動産賃貸取引におけるデジタル化を促進し、業務効率化および顧客満足度向上を目指します。

■ 「ぶっかくん」概要
「ぶっかくん」は、賃貸仲介会社から賃貸管理会社(東京建物不動産販売)への空室情報等に関する問い合わせ電話に自動応答するシステムです。
「ぶっかくん」の導入により、賃貸仲介会社からの空室情報等に関する問い合わせ電話に対して、24時間365日、東京建物不動産販売の管理物件の最新情報を自動で応答できるようになり、賃貸管理会社(東京建物不動産販売)・賃貸仲介会社どちらにとっても時間短縮と業務効率化を実現することが可能になりました。

「ぶっかくん」サービスイメージ
■ 「内見予約くん」概要
「内見予約くん」は、内見予約の受付作業や鍵情報の照会作業を、WEB上で行うことができる、賃貸住宅の内見予約WEB受付システムです。
「内見予約くん」の導入により、賃貸仲介会社はWEB上で東京建物不動産販売の管理物件の内見予約が行えるようになり、内見希望者は効率的に入居希望の部屋を内見できるようになりました。賃貸管理会社(東京建物不動産販売)と賃貸仲介会社にとっては業務効率化につながり、予約重複等のトラブルを防ぐことも可能になりました。
「内見予約くん」サービスイメージ

東京建物不動産販売株式会社について
名称:東京建物不動産販売株式会社
本 社 所 在 地:東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル
資 本 金:43億円
代表取締役社長執行役員:加茂 正巳
企 業 サ イ ト:https://www.ttfuhan.co.jp/
事業内容:
・賃貸オーナー向けの賃貸管理や企業向けの社宅管理代行を行う「賃貸事業」
・個人・法人所有不動産の売買仲介やコンサルティングを行う「仲介事業」
・取得不動産の付加価値や収益性を向上させて再販する「アセットソリューション事業」

イタンジ株式会社について
名称:イタンジ株式会社
本 社 所 在 地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40 F
資 本 金:36百万円
代表取締役:野口 真平
企業サイト:https://www.itandi.co.jp/
事業内容:
・AIを活用した賃貸不動産仲介の営業支援システム「ノマドクラウド」の開発、運営
・賃貸業務のワンストップサービス「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」の開発、運営
・セルフ内見型お部屋探しサイト「OHEYAGO(オヘヤゴー)」の開発、運営


他の画像

関連業界