Sumo Logic、新しい製品イノベーションの提供により、現代ビジネスのためのContinuous Intelligenceを加速

2019/12/04  Sumo Logicジャパン 株式会社 

新たなプラットフォームの強化により、顧客はデータを充実・視覚化し、脅威に対する深いインサイトを獲得し、今日の一般的なエンタープライズテクノロジーのためのアプリケーションと統合でセキュリティと管理の向上を可能に



Sumo Logic (日本法人:Sumo Logicジャパン株式会社、カントリーマネージャー:ロバート・スチーブンソン、以下「Sumo Logic」)は、今日のIntelligence Economyにおいて顧客が競争力を保つことを容易にするためのいくつかのイノベーションを発表しました。今回発表されたプラットフォームの新たな機能強化には、データのインサイトのスピーディーな提供を可能にする次世代ダッシュボードビジュアライゼーション、ユーザがより自然で直感的な方法でログデータストリームを記述するためのより豊富なメタデータをユーザに与えるためのData Enrichment機能、および時系列データに対する高度な制御のためのMetric Transformation Rulesが含まれます。また、Sumo Logicは、Global Intelligence Serviceの更新を発表し、セキュリティチームがセキュリティインシデントの優先順位化を効率化し、対応を加速させるための新しい革新的なセキュリティ・アプリケーションを追加しました。さらに、SlackとMongoDBとの新たな統合の実現により、顧客は拡張された監視能力を得ることで、これらの人気のあるエンタープライズテクノロジーを監査し、セキュアな状態で管理・運用することができます。

Sumo Logic共同創設者/CTOのChristian Beegenは次のようにコメントしています。
「今日、IoT、モバイルアプリ、Webサイト、SaaSサービスなどのデジタルサービスによって生成された非構造化データは、ビジネスとって重要なシグナルソールです。これらのシグナルを単一のリアルタイムのビューに統合する方法がなければ、企業は依然としてインテリジェンスギャップの課題に直面することになります。今日発表した新しい機能と統合は、アプリケーションの保護、新しいサービスの導入、カスタマーエクスペリエンスの改善によって、このギャップを埋める機会を顧客に提供します。」

Sumo LogicのクラウドネイティブなContinuous Intelligence Platformでは、お客様のために、Operational Intelligence、Security Intelligence、Global Intelligenceの3つのソリューションを提供しています。今日発表された新しいプラットフォームとソリューションの改善は、3つのすべての分野にまたがり、顧客が分析とインサイトを活用して、最新のアプリケーションとクラウドインフラストラクチャを構築し、実行し、保護することを支援します。

より多くの操作上の知識を得る
Sumo Logicは、最近発表されたKubernetes ソリューションの成功を背景に、顧客が独自のアーキテクチャモデルやメンタルモデルでデータにアプローチする自由を与え、監視、トラブルシューティング、およびアプリケーションの保護の際の摩擦を低減する新しいイノベーションを発表しました。Operational Intelligenceにおけるイノベーションには、以下のものが含まれます。

● Next-Gen Dashboard Visualizationsでは、最適なモニタリングおよびトラブルシューティングのために、詳細なビジュアルコントロールを使用して、顧客のメトリックおよびログデータのリッチで、統一的な分析を行うことができます。顧客は、現在、自分のダッシュボードをテンプレート化して、オンザフライでデータを再スコープ化し、パターンを迅速に分離するのに役立つインターアクティブでデータ密度の高いビジュアルを入手し、ダッシュボードをPDFまたはPNGにエクスポートして、電子メールまたはSlackを介して容易に共有することができます。

● Data Enrichment for Logsは、顧客がログについてどのように考えているかのメンタルモデルを単純なキーバリューペアとマッピングすることによって、自然で直感的な方法で顧客のログデータを記述する能力を与えます。Sumo Logicは、すでに広範囲にわたるメトリック製品のメタデータサポートをログデータに拡張しました。これには、新しいKubernetesソリューションを含む、統合からメタデータを自動的にキャプチャすることが含まれます。顧客は、この新しい機能を使うことで、簡単なキーとバリューのペアでログに自由にタグを付けることができ、問題の調査と解決をより迅速に行うことができます。Sumo Logicコレクタおよびログソースは、key-valueペアフィールドの追加をサポートします。これらのフィールドは、ログの検索からRBACを介したアクセスの保護まで、Sumo Logicのどこでも使用できます。

● Metrics Transformation Rulesは、ユーザに対してデータの粒度および保持に対する制御を与えることによって、ユーザの時系列データの値を最大化するのを支援します。それらの時系列データの保持を細かく制御することにより、ユーザは、数日間だけカーディナリティ、ボリュームオペレーションデータを高いレベルで維持することができる一方で、生データを、数ヶ月にわたって高い費用対効果で記憶することができる高性能の重要な性能指標(KPI)に集約することもできます。

Actionable Security Intelligenceを取得し、優先順位化
クラウドとデジタルトランスフォーメーションがセキュリティに対する伝統的なアプローチを無力化にするにつれて、Sumo Logicは現在、1,000を超える顧客がSumoのCloud SIEMを活用しています。企業は、Cloud SIEMを活用することにより、現代の企業防衛のために検出と優先順位化、調査、およびワークフローをスケーリングするために必要なセキュリティインテリジェンスを提供します。この度発表された「セキュリティおよびグローバルインテリジェンス」のアップデートには、以下のものが含まれています。

● Amazon GuardDutyのGlobal Intelligence Services (GIS)の新しいアップデートでは、脅威調査結果の異常性に基づいて、顧客に脅威異常スコアが提供されます。顧客は、脅威調査からの結果を活用することで、セキュリティ体制の評価、インシデントへの対応の優先順位化、修復計画の作成をおこなうことができます。GIS for Amazon GuardDutyは、SecOpsのプロフェッショナルが、より広いAWSユーザベースにわたってリアルタイムで計算されたベースラインに対してGuardDutyの結果をベンチマークする能力を得ることで、セキュリティアラートおよび脅威の混乱を最小化することを支援します。脅威異常スコアに加えて、顧客は、より広範なAWSユーザコミュニティでは珍しいが、顧客のアカウントに現れる脅威を検出するまれなイベント機能を活用して、脅威検出および脅威ハンチングをさらに支援することができます。

● 30+新しい、更新された革新的なセキュリティ・アプリケーションは、顧客の防衛の重要な要素からのインサイトをさらに取り込み、豊かにし、視覚化することを支援します。Sumo Logicは、Carbon Black, CrowdStrike, Okta, and Netskopeなどのコアアプリケーションをアップデートし、Kubernetesと現代のアプリケーションスタックのセキュリティを強化する、Aqua、StackRox、Twistlockとの新しい統合を開発しました。さらに、AWS、GCPおよびAzureを保護するための新しいアプリケーションは、Sumo Logicのマルチクラウドおよびハイブリッドセキュリティインテリジェンスソリューションを拡張します。顧客は、全部で200を超える革新的なアプリケーションを用いて、セキュリティ・ユース・ケースとオペレーション・ユース・ケースの両方においてインテリジェンスを統合することができます。

人気のエンタープライズテクノロジーとの新たな統合
Sumo Logicは、新しいパートナーとの統合を発表し、セキュリティおよび監視機能をさらに拡張し、今日企業の中心で使用されているテクノロジーへのユーザの可視性を向上させるアプリケーションを提供開始しました。これらの新しい統合は、以下を含みます。

● Sumo Logic App for Slackでは、外部ユーザ、アクセスパターン、メンバプロファイル、およびすべてのアクションを1カ所で監査することができます。このシングル・ペイン・オブ・グラス・ビューを使用すると、ユーザは、重要なデータが組織を離れるかどうか、およびいつ離れるかを迅速に識別し、ワークスペース、チャネル、メンバ、およびタイプ(すなわち、ゲスト)にわたって情報を相関させて、ユーザのセキュリティを加速し、インシデント調査および脅威探索努力を監査することができます。

● MongoDB Atlas-The Sumo Logic App for MongoDB Atlasは、顧客に対してAtlasクラスタの運用、健全性、セキュリティに関する包括的な可視性を提供します。この革新的ソリューションを使用すると、ユーザは、低速で非効率的なクエリを識別し、キー・データベースおよびシステム・メトリックを監視して、Atlasクラスタ・リソースを最適化する方法を決定することによって、Atlasクラスタのパフォーマンスを最適化することができます。セキュリティのために、ユーザは、ユーザログインを監視し、イベント、プロジェクト、および組織活動を監査することができます。さらに、それらはまた、ビルトインされた脅威情報データベースを介して、潜在的に入ってくる脅威および解決の指標を検出することができます。

MongoDBのCloud Products>MのSVP、Sahir Azam氏コメント:
「顧客は、既存のオンプレ環境のワークロードをクラウドに移行するか、MongoDB Atlas上のクラウドネイティブの環境で新しいプロジェクトを立ち上げることを選択することが増えている。Sumo LogicのMongoDB統合における最新の拡張は、Atlasのワークロードのパフォーマンス、セキュリティ、およびオペレーションに関する貴重なインサイトを共通の顧客に提供します。」

【Sumo Logicについて】
Sumo Logicは、ソフトウェアの新カテゴリである継続的なインテリジェンスを提供するリーダー企業です。あらゆる規模の企業がデータの課題に取りくみ、デジタルトランスフォーメーションや先進アプリケーション、クラウドコンピューティングによってもたらされるチャンスを活かせるようにします。Sumo Logicの継続的なインテリジェンスプラットフォーム™は、アプリケーションやインフラストラクチャ、セキュリティ、IoTデータの収集、摂取、分析を自動化し、すぐに使える知見をその場で導き出します。世界で2000社以上の顧客企業が、先進アプリケーションやクラウドインフラストラクチャの構築、実行、安全確保を目的にSumo Logicを採用しています。真にマルチテナントのSaaSアーキテクチャとして、複数のユースケースにわたってプラットフォームを提供し、インテリジェンスエコノミーのなかでビジネスを成功させることができるのは、Sumo Logicだけです。。

2010年に設立されたSumo Logicは、カリフォルニア州レッドウッドシティーに拠点を置く私有企業であり、Accel Partners、Battery Ventures、DFJ Growth、Franklin Templeton、Greylock Partners、IVP、Sapphire Ventures、Sequoia Capital、Sutter Hill Ventures、およびTiger Global Managementが支援しています。詳細については、www.sumologic.comを参照してください。

Sumo Logic and Illuminateは、米国および外国におけるSumo Logicの商標または登録商標です。その他すべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標である場合があります。

他の画像

関連業界