モノが語る、宮島のコト「宮島モノ語」お披露目販売会 in TAUを開催!

2019/12/04  広島県  

<開催期間:2019年12月6日(金)~8日(日)>

宮島のモノづくりの事業者による新しいブランド「宮島モノ語」商品が完成し、初めてとなるお披露目販売会(主催:宮島町商工会)を、東京・銀座のひろしまブランドショップTAUで開催します。


「宮島モノ語」お披露目販売会では、宮島町の事業者による牡蠣のオイル漬けやもみじ饅頭等の試食販売、伝統の「宮島細工」の技術を生かした杓子等の販売を行います。



モノが語る、宮島のコト「宮島モノ語」お披露目販売会 in TAUの概要
■期間 2019年12月6日(金)~8日(日) 11時から17時まで
    ※試食提供は、6日(金)13時~16時、7日(土)11時~16時
■場所 ひろしまブランドショップTAU 1階特設コーナー
    (東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング)
■参加事業者及び商品
・有限会社紅葉堂
 もみじ堂ナッツ、もみじ饅頭 等
・伊都岐株式会社
 DIP STYLE珈琲(5種セット) 等
・有限会社マルアキ水産
 牡蠣ボヌールプラス(オイル漬け) 等
・株式会社宮島工芸製作所
 宮島杓子
・株式会社村上工芸
 濃紅葉の漆皿 等


もみじ堂ナッツ


牡蠣ボヌールプラス(オイル漬け)


宮島杓子


濃紅葉の漆皿


「宮島モノ語」について
宮島のモノづくりの事業者による新しいブランド開発事業。宮島島内の各々の事業者、それぞれの商品には「宮島」にまつわるエピソードがあります。一つひとつのモノ(商品)をたどれば、宮島のコト(歴史・産業・文化)が見えてきます。宮島のモノづくりの作り手たちによるそれぞれの物語を紡いで「宮島モノ語」ができました。

他の画像