青森県七戸町で当社最大規模のメガソーラー発電所が竣工

2019/12/04  シン・エナジー 株式会社 

最大出力19.6MW、一般家庭約5,550世帯分に相当


シン・エナジー株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:乾 正博、以下シン・エナジー)はオリックス株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:井上 亮)と青森県七戸町で建設を進めておりました、当社最大規模となる「七戸町卒古沢太陽光発電所」(最大出力19.6MW)の竣工式を12月3日に青森県七戸町で執り行いました。竣工式には当社役員や関係者、約40人が参加いたしました。



当発電所は青森県七戸町卒古沢地区の約48haの土地を活用し、2020年1月に運転を開始します。シン・エナジーとオリックスが出資する「青森七戸メガソーラー発電所合同会社」で本事業を推進するにあたり、保守・メンテナンス関連業務を地元企業に委託し雇用を創出するなどにより地域貢献を図ってまいります。年間発電量は約20,000MWh(*1… 一般家庭約5,550世帯分の年間消費電力に相当)を予定しています。

当社は、SDGs(国連の定める17の持続可能な開発目標)に則って気候変動問題に具体的な対策を示し、それに関わる人や地域が豊かになる社会を目指します。
今後も地域と共に、地元の資源を活かしてエネルギーと経済が循環する持続可能なまちづくりに取り組んでまいります。

■発電所の概要


*1…世帯あたり3,600kWhで算出。出典:電気事業連合会「電力事情について」

他の画像

関連業界