発売1カ月で、半年の想定販売数量を超えた、大ヒットシリーズから新商品!12/11 「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」発売

2019/12/04  イオン 株式会社 

新しい食べ方提案“ベジスープめし”も公式ホームページで公開中


イオンは12月11日(水)、全国のイオングループ約3,500店舗にて、「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」を発売します。本商品は“ごはんを野菜に置きかえる”新しい食のスタイルを提案する冷凍食品「トップバリュ お米のかわりに食べる」シリーズの新商品です。

近年、健康志向の高まりにより、「毎日の食事の中で気軽にゆるやかな糖質制限を取り入れたい」という声が増えています。イオンは昨年11月、カリフラワーとブロッコリーをお米サイズに細かく刻んで冷凍した「お米のかわりに食べるカリフラワー/ブロッコリー」を発売したところ、半年の想定販売数量を約1カ月で達成し、「クセがないのでいろいろなごはん料理に代用できる」と、大変好評をいただきました。

同シリーズから今回新たに発売する「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」は、カリフラワー、ズッキーニ、にんじん、黄色にんじん、ブロッコリー、ほうれん草といった色鮮やかな6種の野菜を、お米サイズに小さくカットした商品です。さまざまな野菜を使用することで、栄養素をバランスよく摂取できるほか、今の時期には、“SNS映え”する彩り鮮やかなクリスマスメニューのアレンジにもぴったりです。

トップバリュ公式ホームページでは、どなたでも簡単においしく食べられるよう、ごはんと混ぜておにぎりにしたり、スープに混ぜて雑炊風に仕上げたりなど、食べ方のご提案を行っています。また、そのままごはんのかわりとしてもおいしく食べることができ、シャキシャキとした歯ごたえで、食べる量を減らさずに満足感を得られます。


【「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」 販売概要】
発売日 :2019年12月11日(水)
販売店舗:全国のイオングループ約3,500店舗
※ 主な屋号 「イオン」「イオンスタイル」「まいばすけっと」等
※ 一部地域、店舗によって取扱いがない場合があります。
本体価格:248円+税(※1)
内容量 :300g

※1:軽減税率(8%)の対象商品です。税込価格は小数点以下が切り捨てになり、単品で購入した際の価格となります。



「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」の商品特長

・お米サイズに細かく刻み、シャキッとした食感です。ごはんと置きかえても食べ応えや満足感があります。
・ごはん150g(1膳分の目安として)と比較して、1/20※2の糖質量です。
・商品150g(1/2袋)あたり、3.9gの食物繊維が含まれています。
・6種の野菜を使用しているため、彩り豊かなサラダや炒め物などにも便利に活用いただけます。

<一般的なごはんと、「お米のかわりに食べるシリーズ 」の栄養成分比較(150gあたり)>


※2:文部科学省「日本食品標準成分表2015年度(七訂)」より 【こめ/陸稲めし/精白米】



おすすめの食べ方提案

◆「ベジにぎり」 ~ごはんの半分を野菜に置きかえたおにぎり~
<調理一例>
・枝豆チーズ

・ローストビーフ巻


・明太こんぶ


・ツナマヨネーズ



レシピWEB:https://www.topvalu.net/tv_vegenigiri

◆「ベジスープめし」 ~ごはんの半分を野菜に置きかえた雑炊スープ~
・豆乳ごま雑炊

・旨辛クッパ



・だし茶漬け

・濃厚カレー雑炊


・洋風クリーム系スープめし



<調理一例>
レシピWEB:https://www.topvalu.net/tv_vegesoupmeshi/


ご参考

「トップバリュ お米のかわりに食べる」シリーズは、野菜をお米サイズに細かく刻み、冷凍した商品です。電子レンジで解凍し、そのままごはんのかわりに主食としたり、炒飯やリゾットのごはんの一部を置きかえたりするなど、手軽にお召し上がりいただけます。




以上

他の画像

関連業界

フード業界のニュース

外食市場調査2019年10月度 2019/11/29 株式会社 リクルートライフスタイル
『データ保全で組織を守る』セミナー開催(10月4日開催) 2019/09/18 株式会社 ボウラインマネジメント