「Tap Marche(タップ・マルシェ)」の功績が評価され、キリンビールが「外食アワード 2019」を受賞

2019/12/04  麒麟麦酒 株式会社 

~クラフトビールの普及・拡大を実現~

キリンビール株式会社(社長 布施孝之、以下キリンビール)は、「Tap Marche(タップ・マルシェ)」によるクラフトビールの普及・拡大とビール類市場の魅力化・活性化が評価され、外食産業記者会が12月3日(火)に発表した「外食アワード 2019」(開催協力・焼肉ビジネスフェア事務局/居酒屋ジャパン事務局)にて、「中間流通・外食支援事業者部門」「食材事業者部門」の2部門を受賞しました。「外食アワード」において、同年度での2部門受賞は初となります。


「外食アワード」は、「外食産業の発展と外食の食文化醸成に寄与する」ことを目的に2004年から行われている表彰で、今年で16回目になります。受賞企業は、外食専門紙誌を中心とする食関連のメディア14社で構成する外食産業記者会によって選定されます。

当社の「外食アワード」受賞は、2009年に社会課題である飲酒運転の撲滅を目的に開発した“世界初※1、アルコール0.00%”のノンアルコール・ビールテイスト飲料「キリンフリー」の発売時に続き、2回目※2です。
※1 ビールテイスト飲料カテゴリーにおける。当社調べ
※2 「外食アワード2009」は食材事業者部門で受賞

今回、1台で4種類のクラフトビールを簡易に提供可能とした3Lペットボトル及びディスペンサーの展開を「中間流通・外食支援事業者部門」で評価いただき、また複数のクラフトビールを「Tap Marché」で販売可能にすることにより、クラフトビール取り扱い店の裾野を広げ、クラフトビール市場を日常化した活動を「食材事業者部門」で評価いただきました。

当社は、「Tap Marché」からさまざまな提案を展開していくことで、お客様がビールを選べる楽しさを気軽に体験できる「場」を今後も増やしていきます。


■「Tap Marché」とは


「Marché(市場)」のように、個性豊かで多様なクラフトビールと多くのお客様が出会い、気軽に楽しんでいただく「場」を実現することで、新たなビール文化の創造を目指す取り組みです。
1台で4種類のクラフトビールの提供が可能な小型の4タップ・ディスペンサーを開発し、2017年4月の首都圏1都3県での展開を皮切りに、2018年には全国展開を開始し、2019年末時点では約13,000店で展開見込みです。
12ブルワリー26銘柄のクラフトビールをラインアップすることで、多様なクラフトビールをお楽しみいただけます。

■「Tap Marché」による市場の変化
2017年以降、「Tap Marché」の展開拡大によって、クラフトビールの日常化が進んでいます。
また合計26銘柄の多様なラインアップ展開や、“フードペアリング”という新たな楽しみ方を提案することで、若年
層を中心にトライアル飲用が進み、ビール類市場の再活性化につながっています。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

他の画像

関連業界

フード業界のニュース

外食市場調査2019年10月度 2019/11/29 株式会社 リクルートライフスタイル
『データ保全で組織を守る』セミナー開催(10月4日開催) 2019/09/18 株式会社 ボウラインマネジメント