健康経営で大切にしているのは「あたり前のことを丁寧に。基本に忠実に取り組む。」。「産業医サービス」を導入した株式会社バンダイナムコビジネスアークの産業保健活動

2020/02/14  株式会社 エムステージホールディングス 

企業の産業保健活動の支援サービスを提供する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取 締役:杉田雄二)は、株式会社バンダイナムコビジネスアーク(東京都港区、代表取締役社長:大津修二)の産業保健活動の取り組みについて取材しました。同社はバンダイナムコグループの健康管理を担っており、産業医・保健師・人事部門から成る“産業保健チーム”で従業員の健康面をサポートしています。特に健康診断やストレスチェックといった産業保健活動の根底部分に丁寧に取り組む「基本に忠実な産業保健活動」を実現しています。



初期の取り組み
現状:グループ全体でクリエイティブ人材が多く、「仕事に熱中した結果、残業につながる」ことが多い
課題:残業時間の削減
取組み:
1.1か月の時間外労働が75時間を超える場合には、産業医面談の実施をルール化
※法定では1か月80時間以上の時間外労働を行った労働者が申し出た場合に産業医面談を行う。
2.TOPメッセージとして1.を発信
3.管理者に向け、従業員の労働時間数を把握するための施策を開始(勤怠の管理方法を見直しなど)
結果:2年間で大幅な時間外労働の短縮に成功。「全社として取り組んでいること」を周知徹底した活動による成果だと考えられる。

産業保健活動の取り組み
1.産業医、保健師、人事から成るチームで従業員の健康をサポート
保健師:日常的な健康管理や保健指導
人事担当:情報の管理(健康課題など)
産業医:課題解決に向けた判断やアドバイス
⇒日頃の情報共有を大切にし、産業医の訪問機会を最大限に活用

2.以下の条件で産業医を選任(エムステージ「産業医サービス」の利用事業場)
1.産業医としての経験が豊富であること
2.産業医が企業と従業員をつなぐコーディネーターという位置づけを目指しているため、中立的な立場でアドバイスができること
(従業員の健康状態ならびに、会社の業務内容や職場の風土を理解していることが必要)

3.従業員のヘルスリテラシーの向上
1.健康診断やストレスチェックの重要性の啓もう(ともに受診率がほぼ100%)
2.健康推進イベントの実施や健康啓発ポスターの掲示
3.健康関連研修の実施(セルフケア研修、メタボ研修など)

■株式会社バンダイナムコビジネスアーク
https://www.bandainamco-ba.co.jp/ 
1991年設立。グループ管理本部としてバンダイナムコグループの管理戦略や管理方針を策定し、グループ経営基盤の強化を推進するとともに、グループ会社の人事・総務・経理財務・情報システムなどの共通業務を受託している。

<会社概要>
商号  :株式会社バンダイナムコビジネスアーク
代表者 :代表取締役社長 大津 修二
設立  :1991 年 11 月 25 日
資本金 :1億円
本社所在地:東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル

産業医サービスとは
https://sangyohokensupport.jp/
企業へ課題のヒアリングから各企業の状況にマッチした産業医を紹介し、エムステージのコーディネーターが運用をサポート。産業医に何をお願いすればよいかわからないという企業担当者の悩みを解決します。
嘱託産業医の業務管理システム「M Connect」では、企業担当者・産業医・コーディネーター間で産業保健の業務管理を行うことができます。産業医の訪問日程・業務内容の共有や報告書の授受、健診結果の管理、二次健診者の進捗管理、機密情報をアクセス者限定で保管するといった機能があります。
企業へ産業医を紹介して終わりではなく、継続して意味ある産業保健活動ができるよう、オンライン・オフライン双方でサポートしています。

エムステージについて
https://www.mstage-healthcare.jp/ 
「すべては持続可能な医療の未来をつくるために」をミッションに、医師のキャリア支援と医療機関向け採用支援、産業医を軸とした企業向け健康支援サービスを運営。企業向け健康支援サービスは、産業医の手配と業務支援を担う「産業医サポートサービス」をメインに利用事業所数800件を突破(2019年6月現在)。日本の働き方改革推進に貢献しています。

■エムステージグループについて
https://www.mstage-corp.jp/ 
2003年、株式会社メディカル・ステージ(現 株式会社エムステージ)を設立。医師の転職や定期・スポットアルバイトの求職を支援する「Dr.転職なび」「Dr.アルなび」で医師の柔軟な働き方を切り開き、医療機関の採用課題を解決してまいりました。2016年からは企業の産業保健活動を支援する「産業保健サポート」を開始。働く人の健康に寄与し、予防医療の観点から医療費の削減に貢献しています。2019年10月、ブランドリニューアルを行い、産業保健・医療人材・医療経営の3つの領域から医療課題の解決を図るエムステージグループとして再スタートを切りました。

<産業サービスに関するお問い合わせ>
株式会社エムステージ 産業保健事業部
TEL: 03-6697-1660/FAX: 03-5437-2951

プレスリリースに関するお問い合わせ>
株式会社エムステージホールディングス  広報:本多
TEL: 03-6867-1170/FAX:03-6867-1171/MAIL: y.honda@mstage-corp.jp

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース