東京都が運営するLINE公式アカウントの構築をソーシャルデータバンク株式会社がLinyを活用して全面バックアップ!最新の行政情報や手続き、コロナやオリンピック、防災に関する情報を手軽に受信

2020/03/24  ソーシャルデータバンク 株式会社 

LINEを使って行政が情報発信することで市民へリアルタイムに情報発信ができ、さらにコミュニケーションも円滑に

ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 俊輝)は東京都(知事:小池百合子)が運用するSNS、LINE公式アカウント構築の開発協力を全面的にバックアップいたしました。


LINEアプリが入ったスマートフォンを使って都民等が東京都のLINE公式アカウントに友だち登録することで行政に関する最新情報をはじめ、水道や税金、運転免許やパスポートなどの行政手続きやオリンピックやコロナに関する情報、防災情報などをリアルタイムで受け取ることができるようになりました。
LINEトーク画面のメニューをタップすると行政に関する充実したコンテンツが手軽に受け取れます
行政に関する手続きの情報もLINEで受け取れるので、忙しい中でもLINEで気軽に情報が受け取れます
■行政がLINEを活用するメリット


電話やメールよりも気軽にコミュニケーションできる
メールよりもリアルタイムで情報の伝達率が高い
忙しい中でもスマートフォンで好きな時間で気軽に情報が得られる



LINE公式アカウントの構築にはLINEに特化したマーケティングツールLiny(リニー)が活用され、トーク画面のメニューボタンを押すとコンテンツが切り替わったり、チャットボットを組み込んだりという機能が実現し、より都民などが行政とコミュニケーションが取りやすいインターフェイスになっています。

また日本人の8割以上が日常的に使っているLINEを活用することで住民とのコミュニケーションも円滑になり、住民の声も収集できるようになり、よりよい行政を作っていくための情報収集の場としても効果を発揮します。

■LINE公式アカウントとは
企業や行政が運用するLINEアカウントで、お客様や市民とLINEチャットで気軽にコミュニケーションが取れるツールです。

一⻫・個別の配信や、クーポン、アンケートなど販促やリサーチで使える機能が標準搭載されています。

■ソーシャルデータバンク株式会社について(https://line-sm.com/index.html


LINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を中心に、ビジ ネスでのLINE活用のご提案やサポートを行っている企業です。

リリースからわずか2年で導入企業数2500社を突破したLinyの活用や運用ノウハウを提供し、企業の集客や販促施策に貢 献し、マーケティング関係の展示会へも出展しています。

またLINE株式会社が定めている「LINE Account Connect Technology Partner」としても認定され、 ツールの改善やLINEの活用法について積極的にアドバイスを行っています。

■「LINEマーケティングツールLiny(リニー)」とは (https://line-sm.com/




LinyはLINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツールです。

LINE公式アカウントだけでは不十分な、顧客の管理・販促・運用の自動効率化を実現。営業やマーケティング担当者の 運用を楽にし、お問い合わせや注文数を増やすお手伝いをします。


■ソーシャルデータバンク株式会社 企業情報
代表者 : 代表取締役 伊藤 俊輝
本社所在地: 〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目3-6 3F
事業内容 : マーケティングツールの開発と運用
URL : https://line-sm.com/

■【マンガ】3分でわかるLiny!
URL: https://line-sm.com/blog/manga/

■Liny活用ブログ
URL : https://line-sm.com/blog/



他の画像

関連業界