TikTok、行政機関と連携した世界初の「防災TikTok」を3月31日に開始!第一弾は気象庁と連携

2020/03/25  Bytedance 株式会社 



ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、グローバルで推進するCSR活動「TikTok for Good」の一環として、防災啓発を目的とした「防災TikTok」を3月31日より開始いたします。
「防災TikTok」の第一弾として、気象庁監修のもと制作した防災啓発動画をTikTokで発信いたします。また、TikTok内に特設ページを設けて、防災啓発動画を掲載いたします。なお、防災啓発を目的とした行政機関とTikTokの連携は世界初の取り組みです。

今回制作する啓発動画は、梅雨の時期にかけて発生する大雨・洪水に関する知識・防災啓発を目的としたものを予定しております。今後、地震災害や熱中症などをテーマにした動画も、順次制作・発信する予定です。

複雑な内容も直感的でシンプルに伝えられる短尺動画の特性や拡散しやすいTikTokの特徴を生かして、防災に無関心な層にも防災情報の発信を行うことで、日本の災害対策に貢献すべく取り組んでまいります。

今後も、TikTokは行政機関や地方自治体と防災啓発に関する連携について検討してまいります。

【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

他の画像

関連業界