「ほくほくPay」 JCBと提携したコード決済の取り扱いを開始

2020/03/25  株式会社 北陸銀行 

北陸銀行から“新しいべんり”なサービスのご提供

北陸銀行(頭取 庵 栄伸)は、ほくほくフィナンシャルグループの北海道銀行(頭取 笹原 晶博)とともに、2020年3月30日から、スマホ決済サービス「ほくほくPay」において、株式会社ジェーシービー(以下「JCB」)と提携し、JCBが展開する、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が定める統一QRコード・バーコード「JPQR」に準拠したコード決済スキーム「Smart Code」(スマートコード)(TM)と連携した取り扱いを開始しますのでお知らせいたします。


SmartCodeと連携


1.取扱開始日
2020年3月30日(月)

2.サービス概要
「Smart Code」は、コード決済事業者や店舗の負荷軽減、また消費者にとって安全・安心な決済を実現するスキームで、JCBが決済事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両者間の加盟店契約の一本化を行います。
本提携により、スマホ決済サービス「ほくほくPay」を、JCBが展開する「Smart Code」加盟店で順次ご利用いただくことが、可能となります。

「ほくほくPay」は、個人のお客さまが、「ほくほくPay」または「銀行Pay」マークがある契約加盟店で代金を支払う際、アプリを操作する事で、登録した銀行口座から代金が即時に引き落とされ支払いが完了するスマホ決済サービスです。現在、「銀行Pay」には当行・ゆうちょ銀行などが参加しています。


3.ご利用可能なお店
「ほくほくPay」がご利用可能な「Smart Code」加盟店については、先行導入しているゆうちょ銀行のホームページ(https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/yuchopay/kj_sk_yp_shop.html)からご確認いただけます。
ご利用イメージは参考資料(https://prtimes.jp/a/?f=d27374-20200325-8241.pdf)をご参照ください。

4.該当するSDGsの目標

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース