ファンデーションの色移りが気になりにくいマスク

2020/05/22  一広 株式会社 

女性の気持ちに寄り添うマスクが『タオル美術館』で販売開始

「マスクへのファンデーションの色移りが気になる」の声にお応えし、裏面がベージュ色になった白色マスクを2020年6月1日(月)より全国のタオル専門店『タオル美術館』で販売開始



タオル美術館グループ・一広株式会社(本社:愛媛県今治市 代表取締役社長:越智康行 以下 タオル美術館グループ)は、DR.C医薬株式会社(本社:東京都新宿 代表取締役:岡崎成実 以下DR.C医薬)と共同で開発したハイドロ銀チタン(R)採用のガーゼマスクを全国の直営店『タオル美術館』にて本年4月より販売しておりますが、このたび新たに、裏面(顔に触れる部分)にベージュ色のガーゼ素材を使用した白色のマスクが加わることになりました。

これは、「化粧をしてマスクを着用した際、マスクにファンデーションが色移りするのが気になる」といった声が多いことから開発したもので、表面は白色、顔に触れる裏面にはベージュ色の素材を使用しております。
また、シリーズ製品同様DR.C医薬が開発したタンパク質を繊維上で分解するハイドロ銀チタン(R)を採用しております。

新型コロナウイルスによる規制緩和の兆しが見えつつある中、マスク着用での出勤や外出などの機会が多くなり、化粧をしてマスクを着用する方も増えることと思われます。タオル美術館グループでは毎日の生活を少しでも快適に、少しでも前向きに過ごしていただけるような商品を今後とも提案してまいります。

【 製品概要 】
商  品  名: 医師×タオル職人が考えたハイドロ銀チタン(R)ソフトガーゼマスク 立体タイプ

特    徴: 外側2層に、ニオイ・花粉などのタンパク質を繊維上で分解するハイドロ銀チタン加工を施したガーゼを使用した全4重構造の立体タイプのガーゼマスク。痛くない巾広ソフトゴム仕様。顔にフィットし、かぜ・飛沫・花粉対策に。タオル製造の技術を活かした縮みにくいソフトなガーゼ生地を使用。洗濯ができ繰り返しの使用が可能


カ ラ ー : ホワイト×裏側ベージュ(新商品)、グレー(販売中)

サ  イ  ズ: ●ふつうサイズ(約200mm(幅)×140mm(正面高さ))●小さめサイズ(約170mm(幅)×130mm(正面高さ))*グレー色のふつうサイズは、正面高さが約145mmとなっております

販 売 店 : 全国のタオル専門店「タオル美術館」( https://www.towel-museum.com/shoplist/ )、
タオル美術館グループ公式オンラインショップ( https://www.towelmuseum-shop.jp/

販  売  日 : 2020年6月1日(月)より販売開始。(グレー色は既に販売中)

価    格 : 980円(税別)

素    材 : 本体(綿100%)、耳かけゴム(ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン)

生  産  国 : ベトナム

販 売 形 状 : 個包装(1枚入り)


【 表面 】
【 裏面(顔に触れる面) 】

【パッケージ】
【嬉しいポイント】

【 DR.C医薬 ハイドロ銀チタン(R) 】
「医師の発想で生まれたハイドロ銀チタン(Hyd[AgTiO2])は、タンパク質を分解して水や二酸化炭素・窒素等に変える、DR.C医薬独自の光触媒を応用したクリーン技術で、酸化チタン・ハイドロキシアパタイト・銀により組成されている物質です。

【 タオル美術館グループ 一広株式会社】
タオル美術館グループの中核会社である一広株式会社(代表取締役社長 : 越智康行)は、創業時の1971年に


愛媛県今治の地で自動織機6台からスタート。現在、タオル美術館グループはタオルの企画・製造・卸・販売に関わる全6社から構成されており、ほぼ全ての工程を自社で運営。弊グループの直営店舗は全国に約70店舗を展開。また、商品のみならず、2000年には、タオルの産地の一つである愛媛県今治市に、従来のタオルのイメージを一新させるタオルとアートを融合させた美術館「タオル美術館」を開設。まさに当社の目ざす「タオルを通じ、心の豊かさと生活文化向上」を体現し続けています。
 本社所在地 〒794-0826 愛媛県今治市八町西4-1-6 TEL(0898)23-6126 FAX(0898)23-6131

他の画像

関連業界