コロナ影響で減少した消費、ゴールデンウィーク含む5月前半に下げ幅を縮小

2020/06/01  株式会社 ジェーシービー 

~5月前半の国内消費動向指数を公開~  

株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)と株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:辻中 仁士、以下:ナウキャスト)は、匿名加工されたJCBのクレジットカードの取引データを活用して、現金も含むすべての消費動向を捉える国内消費動向指数「JCB消費NOW」を提供しています。 本日、国内消費動向指数「JCB消費NOW」の5月前半(5月1日~5月15日)の速報値の一部を公開しました。新型コロナウイルスの影響による外出自粛で大きく落ち込んでいる「外食」「交通」「娯楽」「宿泊」「旅行」といったレジャー消費は5月前半に下げ幅を縮小、好調だった「スーパー」や「コンテンツ配信」は伸びが減速しており、4月から5月にかけてコロナ禍の消費動向は一旦落ち着きを見せています。一方で、「EC」、「酒屋」、「電気・ガス・熱供給・水道業」の消費は引き続き活発に行われていることもわかります。


■5月前半・参考系列(注)トピックス【ナウキャスト分析】
1)総合消費および「外食」「旅行」「交通」「娯楽」について
新型コロナウイルスの影響でほぼ全ての業種・業態で消費が減少していたが、ミクロ・マクロともに4月後半が底で、5月前半は減少幅を縮めている。「全総合」「サービス総合」は約3か月ぶりに下げ幅を縮小。「外食」「旅行」「交通」「娯楽」の下げ幅を縮小した。




2)「スーパー」「コンテンツ配信」について
新型コロナウイルスの影響によって消費が増加していた「スーパー」、「コンテンツ配信」は4月後半が天井となり、5月前半は減速。

3)  「スーパー」の上昇について
消費が好調な「スーパー」は一人当たりの消費金額が増加傾向にある

4)「EC」「酒屋」「電気・ガス・熱供給・水道業」について
「EC」、「酒屋」、「電気・ガス・熱供給・水道業」は、5月前半も上昇傾向にあり、外出自粛による消費増の姿がうかがえる。

5) 「EC」「コンテンツ配信」の伸びについて
外出自粛に伴って、「EC」と「コンテンツ配信」は消費が伸びているが、伸び方の中身を見ると「EC」は利用者と消費金額が同時に増える一方で、「コンテンツ配信」は利用者数の増加により伸びている。



プレスリリース詳細はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20200601-4688.pdf
 

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース