『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』×『進撃の巨人』コラボ開始!エレン、ミカサ、リヴァイが参戦―巨人討伐戦やコラボストーリーも登場

2020/06/29  ネットマーブルジャパン 株式会社 

 ネットマーブルは、スマートフォン向けシネマティックアドベンチャーRPG『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』(略称:グラクロ)において、諫山創氏が手掛ける人気漫画原作のTVアニメ『進撃の巨人』とのコラボイベントを本日6月29日(月)より開始したことをお知らせいたします。




◆SSRコラボキャラ「エレン」「ミカサ」「リヴァイ」参戦!
 『進撃の巨人』コラボより、新SSRキャラとして、【巨人化能力】エレン・イェーガー(CV:梶 裕貴)、【最強の兵士】ミカサ・アッカーマン(CV:石川 由依)、【最強の兵士】リヴァイ(CV:神谷 浩史)がコラボピックアップガチャにて登場いたします。
 このうち、SSR【巨人化能力】エレン・イェーガーは、『グラクロ』で初めて変身能力を持つキャラクターで、変身前後でそれぞれ異なるスキルを繰り出すことが可能になります。



◆ログインイベントやワールドクエストなどでSRエレンを入手しよう
 コラボの一環として登場するワールドクエストや、ログインイベント、ホークパスなどを通じて、SR【訓練兵団】エレン・イェーガー(CV.梶 裕貴)を入手できるイベントを実施しております。
 後述する対象のコンテンツをプレイすることで、最大6体の本キャラクターを無料で入手できます。

◆『進撃の巨人』コラボで登場するコンテンツを一挙紹介!コラボストーリーも登場
 このたび開始となった『進撃の巨人』コラボでは、さまざまなコンテンツをプレイヤーの皆様にご用意しております。以下にて、まとめてご紹介いたします。

・『グラクロ』x『進撃の巨人』ログインイベント
 14日間にわたって開催されるログインイベントでは、『進撃の巨人』コラボピックアップガチャにて使用できるガチャチケット10枚や、SR【訓練兵団】エレン・イェーガーを受け取れます。

・『グラクロ』x『進撃の巨人』ワールドクエスト
 『グラクロ』内で巻き起こる『進撃の巨人』コラボストーリーが楽しめるメインコンテンツです。調査兵団と共に、迫りくる巨人からリオネスを守る物語が展開します。圧倒的なハイクオリティで再現された『進撃の巨人』の世界観にぜひ注目してください。

・『グラクロ』x『進撃の巨人』巨人駆逐戦
 ワールドクエストを進行するとプレイ可能になる巨人駆逐戦では、8体のキャラクターを選抜して挑むコンテンツです。鎧の巨人を倒してクリアすると、巨人討伐戦へと参加できるようになる帝国巨人報告書や、SR【訓練兵団】エレン・イェーガーを手に入れることができます。

・最大4人で協力できるリアルタイムマルチプレイ「巨人討伐戦」
 巨人駆逐戦で手に入る帝国巨人報告書を使用すると最大4人で協力できるマルチプレイコンテンツ「巨人討伐戦」に参加できます。
 超大型巨人と戦う本コンテンツをプレイして、コラボキャラ用のイベントコスチュームセットや超進化素材、SSR進化の首飾り、刻印石やバイゼルのハンマーなどをイベント交換所にて手に入れられます。



 このほか、アップデートの詳細は、公式サイトお知らせページや公式Twitter、コラボ特設サイトを確認ください。

・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』公式サイト:6/29(月)メンテナンス内容のご案内
 https://7taizai.netmarble.jp/notice/view/10826/
・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』 公式Twitter
 https://twitter.com/7taizai_GrandX
・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』×『進撃の巨人』コラボ特設サイト
 https://7taizai.netmarble.jp/event/shingeki/

◆TVアニメ『進撃の巨人』とは◆
 TVアニメ『進撃の巨人』は、諫山創氏が別冊少年マガジンで連載している大人気コミック『進撃の巨人』が原作。巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は高さ50メートルの巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。エレンは、仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も突如として崩れ去ってしまう・・・。
(c) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

◆『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』とは◆
 『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』は、鈴木央氏原作のコミックを映像化した大人気TVアニメ『七つの大罪』の世界をスマートフォンで体験できるシネマティックアドベンチャーRPGです。ゲームタイトルに使用している「グランドクロス(交戦)」とは、〈七つの大罪〉と闇の勢力間の巨大な戦いの前兆を暗示しており、TVアニメ『七つの大罪』の世界観を徹底的に再現した作品となっております。

◆『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』について◆
[ タイトル ] 七つの大罪 ~光と闇の交戦~
[ ジャンル ] シネマティックアドベンチャーRPG
[ 提供元 ] Netmarble Corp.
[ 開発元 ] Netmarble Fun Inc.
[ 対応OS ]iOS / Android
[ 価格 ] 基本無料(アプリ内課金あり)
[ サービス開始日 ] 2019年6月4日

・Store URL
【App Store】
 https://itunes.apple.com/jp/app/id1268959718
【Google Play】
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.netmarble.nanatsunotaizai

・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』 公式サイト
 https://7taizai.netmarble.jp
・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』 公式Twitter
 https://twitter.com/7taizai_GrandX
・『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』 プロモーションムービー
 



◆Netmarble Corp.について◆
 2000年に韓国で設立されたネットマーブルは、『リネージュ2 レボリューション』、『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』、『ブレイドアンドソウル レボリューション』、『マーベル・フューチャーファイト』などの革新的な作品で、モバイルゲーム体験の限界を押し広げているトップデベロッパー兼パブリッシャーです。
 Kabamの親会社であり、Jam CityとBig Hit Entertainmentの主要株主であるネットマーブルは、その強力なフランチャイズと世界中のIPホルダーとのコラボレーションに基づいた様々なモバイルゲームで、世界中の観客を楽しませることに努めています。詳細については、 https://company.netmarble.com/en をご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、 https://www.netmarble.co.jp をご覧ください。

情報の掲載及び画像掲載の際は、下記の全てのコピーライトの表示をお願いいたします。
(c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS
(c) 鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
(c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京
(c) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(c) Netmarble Corp. & Netmarble Fun Inc. All Rights Reserved.
もしくは、下記のコピーライトを記載ください。
(c)NS,K/TSDSRP,M (c)NS,K/TSDSMP (c)NS,K/TSDSIWGP,TX
(c) HK/AOT
(c)Netmarble Corp. & Netmarble Fun Inc.

※App StoreはApple Inc.のサービスマークです。Google Play、Android、YouTubeはGoogle LLCの商標または登録商標です。TwitterはTwitter,Inc.の商標または登録商標です。記載されている会社名・製品及びサービス名は、各社の商標または登録商標です。

----------------------------------------------------------
◆TVアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」について◆
 「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載していた累計3,700万部を突破した大人気ヒロイック・ファンタジー漫画『七つの大罪』(鈴木央)のTVアニメ新シリーズ「七つの大罪 神々の逆鱗」が2019年10月9日からテレビ東京系列にて毎週水曜夕方5時55分~/BSテレ東にて毎週水曜深夜0時59分~放送。
 「七つの大罪 神々の逆鱗」では、熾烈を極める〈十戒〉との戦い、メリオダス・エリザベス2人の因縁や世界の秘密が描かれ、物語はいよいよクライマックスへと向かって進んでいきます。

■「七つの大罪 神々の逆鱗」アニメ公式サイトURL
 https://www.7-taizai.net/
(c)鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京
----------------------------------------------------------

他の画像

関連業界