送金アプリ「pring」、川崎フロンターレの公式戦で投げ銭を実施

2020/06/30  株式会社 pring 

7/4(土)J1リーグ再開からpringでギフティングを

1円から応援金を送ることができる送金アプリpring(プリン )の「チーム」に、Jリーグ・川崎フロンターレが参加します。これにより7月4日(土)から再開する明治安田生命J1リーグにて、川崎フロンターレがプリンを用いた投げ銭を実施いたします。 サポーターはリモートマッチを観戦しながら、リアルタイムでコメントや応援金(1円から送金可能)を、川崎フロンターレへ直接送ることが可能となります。



【pring「チーム」への川崎フロンターレ参加について】
Jリーグのリモートマッチ開催が決定するなか、各クラブチームはファンとの接触機会を増やすコンテンツ配信を活性化しております。川崎フロンターレはユーザーの使いやすさ、運営側の長期継続利用のしやすさ、手数料の安さをメリットとするpringを導入し、公式戦での投げ銭を実施します。

【この難局を乗り越えよう。クラブ応援企画の概要】
開始日:2020年7月4日(土)18:50~21:10(予定)
内容:今回のオンラインイベントでは、川崎フロンターレを直接支援できます。
支援いただいた方全員にデジタルフォトをプレゼント、また抽選で選手サイン入り公式試合球をプレゼントします。

川崎フロンターレチームURL:https://team.pring.app/teams/2249
参加の仕方:チームURLを押下→右上アプリで開く→【参加】するで完了です!
※応援金を送るにはアプリへのご登録が必要となります。

プリンアプリダウンロードはこちら▼
・App store: https://apple.co/31w18Rh
・Google play store: https://bit.ly/2ScM1rC

■送金アプリpringの「チーム」機能について
送金アプリpring(プリン)の「チーム」は、1円からエールマネー(応援金)が送れる機能です。動画、写真、テキストなどを自由に連携させて、簡単に投稿することができます。投稿には、エールマネー(応援金)を送ったり、コメントをすることができます。チームオーナーは9.5%という業界最安値水準の受け取り手数料(※1)で、エールマネー(応援金)の受け取りが可能となり、集まったお金をいつでも銀行口座に戻したり、全国に25,000台以上あるセブン銀行ATMで、現金として引き出すことができます。
※1. 2019年11月28日時点 自社による同種サービスHP調べ
詳しくはこちら:https://www.pring.jp/team

■概要
【株式会社pring】
所 在 地:東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 3F
代 表 者:代表取締役社長 荻原充彦
事業内容:送金アプリ「 pring(プリン)」の企画、開発、運営
U R L:https://www.pring.jp/
お問い合わせ:https://pring.zendesk.com/hc/ja/requests/new

【株式会社川崎フロンターレ】
所 在 地:神奈川県川崎市高津区末長4-8-52
代 表 者:代表取締役社長 藁科義弘
URL:https://www.frontale.co.jp/

他の画像

関連業界