誰でもショートフィルムの監督になれる!「Directed by You -ソニーと創る『60秒フィルム』-」が6月30日スタート。家からオンラインで作品投稿!

2020/06/30  ソニー 株式会社 

渋谷モディ壁面の大型街頭ビジョンでの上映やプロのクリエイターからレビューを受けるワークショップへの参加も。7月10日より渋谷で体験企画も実施!最新モデル「Xperia 1 II」を使いプロの仕上がりに

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、渋谷モディ1階にあるソニーの情報発信拠点、ソニースクエア渋谷プロジェクトがプロデュースし、ショートフィルムの監督体験ができる企画「Directed by You -ソニーと創る『60秒フィルム』-」を2020年6月30日(火)より実施します。



これまでソニーは数多くのクリエイターと共創してきました。そして、制限の多い今の状況だからこそクリエイティブな活動をする人々を応援したいという想いから、ソニーのテクノロジーを使ったり、プロのクリエイターとともに共創したりしながら、“60秒“のショートフィルムを制作できる機会を用意しました。オンラインでの作品投稿も可能で、自宅でショートフィルムの監督体験ができます。生活の中で”撮影“することが日常になった今、”撮影“をよりクリエイティブに、より楽しめる機会となればと考えます。

まずは、「トロフィー」「恩返し」「記念日」のテーマに沿って、それぞれが自由に作った60秒の映像作品を募る“オンライン編 ”を6月30日(火)よりスタートします。「#ソニーと創る60秒フィルム」とハッシュタグをつけてTwitterかInstagramで投稿いただくと、ソニースクエア渋谷プロジェクト内のシアターで上映されます。そして、その中からコントユニット「テニスコート」のメンバー神谷圭介さんや劇団ロロの脚本家である三浦直之さんをはじめとする今回のコラボレーションクリエイターに選ばれると、渋谷モディ壁面の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」で作品が上映されるほか、コラボレーションクリエイターから直接レビューを受け、作品や今後のクリエイティブのあり方について話すことができるワークショップへの参加機会も得られます。

また、ソニースクエア渋谷プロジェクト内では、7月10日(金)よりショートフィルムの監督になれる体験企画をスタートします。期間中は、まるで家の中のような舞台セットがソニースクエア渋谷プロジェクト内に登場。参加者は、ショートフィルムの監督として作品を演出し、ソニーの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」を使って撮影します。用意されたシナリオを元に、役者にどのように演じさせるかは参加者次第で、ライティングや小道具も参加者が自ら選びます。「Xperia 1 II」には、映画のワンシーンのような撮影体験が楽しめる“Cinematography Pro(シネマトグラフィ プロ)”という機能があり、参加者は設定やカメラアングルを自由に変えながら撮影を行います。撮影した映像には、プロのクリエイターがソニーのAI技術を使って制作したオリジナルのBGMが加わるとともに、監督として自分の名前がクレジットに入り、世界で一つのショートフィルムが完成します。完成した作品は、シアターエリアで上映されます。自分のスマートフォンに転送し、持ち帰ることもできます。

今回のシナリオは、神谷圭介さん、三浦直之さんがこの企画のために書き下ろしたオリジナル作品です。7月10日(金)からは、神谷さんの制作したコメディ編「トロフィー」「恩返し」「記念日」の3本からシナリオが選べます。8月7日(金)からは、三浦さんの制作した恋愛編3本を加えた計6本の中から選ぶことができます。

オンラインでも、渋谷でも、クリエイティビティが拡張する瞬間を、ソニーと共にご体験ください。

※舞台セットは、木製家具メーカー「カリモク」の展開する「KARIMOKU NEW STANDARD」ブランドに協力いただいています。

「Directed by You –ソニーと創る『60秒フィルム』–」
■期間:2020年6月30日(火)~2020年9月末予定
※オンライン編:6月30日(火)~
 ソニースクエア渋谷プロジェクト内での撮影体験:7月10日(金)~
■場所:ソニースクエア渋谷プロジェクト(東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ1階)

《 Contents 》
1.「Directed by You –ソニーと創る『60秒フィルム』–」オンライン編
※画像はイメージです。


「60 seconds -One room-」と題し、コメディ編の「トロフィー」「恩返し」「記念日」のテーマに沿って参加者それぞれが自由に60秒のショートフィルムを制作。シナリオ、演出、撮影方法は自由です。BGMはソニースクエア渋谷プロジェクト公式サイト内からダウンロードして使用することも可能です。「#ソニーと創る60秒フィルム」と「#ソニースクエア渋谷」のハッシュタグをつけてTwitterかInstagramで作品を投稿してください。
映像制作のヒントとなる動画もソニースクエア渋谷プロジェクト公式Twitter (@SonySquareSP)で、毎週アップしていきます。     

【参加方法】
(1)テーマに沿った60秒のショートフィルムを制作。BGMはソニースクエア渋谷プロジェクト公式サイト内    からダウンロードすることも可能。
   動画形式は、Twitter 9:16縦、Instagram 4:5縦で撮影してください。
(2)以下、3点を記入し、TwitterかInstagramに投稿。
   ・作品タイトル「60 seconds- -One room- テーマ名(下記、A~Cのいずれか)」
   ・作品説明:簡単な物語のあらすじ
   ・ハッシュタグ「#ソニーと創る60秒フィルム」
          「#ソニースクエア渋谷」または「#SonySquareShibuya」

<テーマ>下記より選択ください。
A.「トロフィー」
B.「恩返し」
C.「記念日」
※8月7日(金)からは、募集テーマが恋愛編のテーマに変更になります。
※オンライン編の詳細は公式サイト内よりご参照ください。
https://www.sony.co.jp/brand/experience/square-shibuyapj/directedbyyou/online.html

投稿された作品は、ソニースクエア渋谷プロジェクト内シアターで7月10日(金)から上映されます。また、その中からシナリオライターやカメラマン、音楽プロデューサーなどのプロのクリエイターに選ばれると、渋谷モディ壁面の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」で作品が上映されるほか、プロのクリエイターから直接レビューを受けられ、ショートフィルムについて話すことができるワークショップへの参加機会も得られます。

《 ワークショップ開催概要 》
コメディ編/恋愛編、それぞれの期間中に投稿された動画のうち、プロのクリエイターが選定した作品の制作者は、プロのクリエイターとオンラインで語り合うワークショップに参加することができます。

Square Program オンラインワークショップ -コメディ編- 開催概要

■開催日時:2020年7月31日(金)19:00~19:45 予定
■出演クリエイター:神谷 圭介さん(シナリオライター)
          高木 考一さん(カメラマン)
          菊地 智敦さん(BGM制作/音楽プロデューサー)

■参加者:6月30日(火)~7月20日(月)23:59までに投稿された作品が対象となります。作品投稿者の中から、ワークショップに出演するクリエイターが選出する作品の制作者が参加できます。参加いただく方には7月26日(日)までにソニースクエア渋谷プロジェクトのSNSアカウントよりご連絡いたします。

Square Program オンラインワークショップ -恋愛編- 開催概要
■開催日時:2020年9月4日(金)19:00~19:45 予定
■出演クリエイター:三浦 直之さん(シナリオライター)他
※詳細は後日発表します。

2.「Directed by You –ソニーと創る『60秒フィルム』–」ソニースクエア渋谷プロジェクト内での撮影体験
■誰でも“ショートフィルム”の監督になって撮影ができる!

まるで家の中のような舞台セットで、用意されたシナリオ内に設定された一部のシーンを撮影します。役者の演技指導やライティング、小道具、カメラ設定、カメラアングル等自由に演出して存分にクリエイティビティを発揮していただけます。


■コントユニット「テニスコート」神谷圭介さん、劇団ロロの脚本家 三浦直之さんが制作したシナリオ
コントユニット「テニスコート」のメンバーである神谷圭介さん、劇団ロロの脚本家である三浦直之さんという二人のクリエイターがオリジナルのシナリオを制作。7月10日(金)からは、神谷さんの制作した「60 seconds -One room-」コメディ編「トロフィー」「恩返し」「記念日」の3本からシナリオが選べます。8月7日(金)からは、三浦さんが描いた恋愛編3本を加えた計6本の中から選んで撮影ができます。

■ソニーの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia 1 II」でプロの仕上がりに

撮影に使用する「Xperia 1 II」には、映画撮影用カメラなどソニーの業務用機器を担当する部門がUIや画作りを監修した “Cinematography Pro”が搭載されています。21:9アスペクト比、24コマ/秒などの4K HDR動画撮影や、なめらかな色階調表現を実現する10bit記録、映画制作に使用されているデジタルシネマカメラ「CineAlta」で培ったノウハウを色相・画作りとして反映したLook*1によって、本格的な撮影体験を実現。

「Xperia 1 II」商品サイト:https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia1m2/

*1 映像作品の表現テーマに適するよう、色合いや明るさを調整する画作りのこと。

■BGMはソニーのAIアシスト楽曲制作"Flow Machines(フローマシーンズ)"で作ったオリジナル楽曲

コメディ編のシナリオのイメージに合わせて、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発したAIアシスト楽曲制作ツール"Flow Machines Professional"を用いてBGMを制作。このツールでは、様々な音楽を解析し構成された音楽ルールに加え、先端のソフトウエア技術を用い、クリエイターの構想のもと、多様なスタイルのメロディーを自由自在に生成することができます。株式会社ソニー・ミュージックレーベルとの取り組みにより、今回のためにクリエイターがソニーのAIとともに生み出した、オリジナルのBGMを4曲用意しました。参加者は、作品のBGMとして使用できます。恋愛編では、同レーベルが運営するLo-Fi Beatsチャンネル「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」*2と協力し、新たにBGMのバリエーションも増える予定です。尚、オンライン編用に、ソニースクエア渋谷プロジェクト公式サイト内からダウンロードできる楽曲も同じものです。

Flow Machines : https://www.flow-machines.com/

*2「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」という、オリジナルアニメーションと共にチルアウトミュージックを24時間365日世界に配信するLo-Fi Beatsチャンネル


※画像はイメージです。




【体験の流れ】
(1)シナリオ内に設定された一部のシーンを撮影。カメラ設定やLook、画角、照明を調整し、シチュエーシ    ョンに合わせた演技を撮影。作品をディレクションします。
(2)自分で撮影した映像と事前に撮影されている映像を組み合わせ編集。好きなBGMを選択し、自分の名前が    クレジットに入った、世界で一つのショートフィルムが完成。
(3)最後にシアターエリアで上映。自分のスマートフォンに転送して持ち帰ることもできます。

《 リファレンス動画 》
神谷圭介さんのシナリオ「トロフィー」「恩返し」「記念日」を元にしたリファレンス動画もご参照ください。

・トロフィー: https://youtu.be/k5XNa3-ddGM
・恩返し: https://youtu.be/k4o1ZfZ5xdw
・記念日:https://youtu.be/nXbXOwV1xfY

《 クリエイターメイキング動画 》
YouTube URL: https://youtu.be/XkuWONihX8M

■コラボレーションクリエイター


神谷 圭介(かみや けいすけ)

コントユニット「テニスコート」のメンバー
俳優/シナリオライター/イラストレーター

テニスコートとしてナンセンスコメディーをベースとしたコント公演を重ねる。テニスコートとしてEテレ「シャキーン」に構成として参加。現在はコーナー出演。書籍、文章執筆のほか、デザイン、映像制作など多岐にわたり活動。主な著書『あたらしいみかんのむきかた』(小学館)




撮影:三上ナツコ

三浦 直之(みうら なおゆき)

ロロ主宰
劇作家/演出家/シナリオライター

1987年生まれ、宮城県出身。 2009年、主宰としてロロを立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当。古今東西のポップカルチャーを無数に引用しながらつくり出される世界は破天荒ながらもエモーショナルであり、演劇ファンのみならずジャンルを超えて老若男女から支持されている。脚本提供、歌詞提供、ワークショップ講師など、演劇の枠にとらわれず幅広く活動中。


<ソニースクエア渋谷プロジェクト 概要>
【場  所】渋谷モディ1階(東京都渋谷区神南1-21-3)
【営業時間】11:00~21:00
※年中無休 但し1月1日、8月19日の渋谷モディ休館日及びイベント準備期間は除く
※営業時間は渋谷モディに準じる(現在11:00~20:00までの短縮営業中)

情報は下記サイトで更新いたします。
ソニースクエア渋谷プロジェクトサイト:https://www.sony.co.jp/square-shibuyapj/

他の画像

関連業界