KDDIとレッドブル・ジャパン、スポーツ・エンターテインメント領域における新たな価値創出に向けた包括的パートナーシップを構築

2020/06/30  レッドブル・ジャパン 株式会社 

~au 5Gを活用し、スポーツ選手の迫力をお届けする新たなスポーツ観戦体験を協創~

KDDIとレッドブル・ジャパン株式会社は、5GやIoTなど先端テクノロジーを活用したトップアスリートの高度かつ迫力ある映像コンテンツの創出やトレーニングの高度化などスポーツ・エンターテインメント領域における、新たな価値の創出を目的とした、包括的パートナーシップを構築しましたのでお知らせします。



■包括的パートナーシップの内容
1.先端テクノロジーを用いた新たなスポーツ観戦体験を協創

レッドブル・ジャパンが2020年9月以降、主催する国内のイベントにおいて、au 5Gを活用し、マルチアングル映像やライブ配信、XR(注1)視聴など先端テクノロジーを用いた映像コンテンツを制作します。ネットとリアルの両面で連携することでスポーツの観戦や体験を拡張します。

2.レッドブル・ジャパンのアスリートの支援と新たな「英雄」の発掘
両社はレッドブル・ジャパンに所属する世界中のトップアスリートを「英雄」と位置づけ、au 5GやIoTなどを活用し、次世代を担う「英雄」の発掘と成長を促す取り組みを推進していきます。また、「英雄」の持つ魅力や迫力をお届けするオリジナル コンテンツも配信予定です。

3.レッドブル・ジャパンのコンテンツをau スマートパスプレミアムやKDDI 直営店などで展開
2020年6月30日以降、auスマートパスプレミアムやKDDI直営店にて、レッドブル・ジャパンが制作したスカイダイビングやエアレースなどを選手目線で体感できるVR映像(https://entm.auone.jp/camp/5g-redbull/)を展開します。さらにKDDI直営店には、レッドブル・ジャパンが主催するイベントと連動したau 5Gを用いたXR体験やライブ映像視聴ができる特設ブースを設置します。映像配信を通して、イベント会場だけでなく自宅、外出先、KDDI直営店から高揚感のある新たなスポーツ・エンターテイメント体験をお楽しみいただけます。

特設ページ:https://www.redbull.com/jp-ja/projects/au_redbull

両社はこれまでも、2020年2月にレッドブル・ジャパンが主催した「Red Bull Ice Cross World Championship」において、滑走する選手の視点をVRで体験できる「ドーム型VRスペース」や、コース上に設置された自由視点映像技術「4DREPLAY」のカメラで撮影した映像が体験できる特設ブースの設置など、エクスストリームスポーツの観戦体験を拡張する取り組み(https://www.au.com/information/topic/mobile/2020-006/)を実施するなど、協力関係を築いてきました。

          (横浜での大会の様子 (C)Jason Halayko/Red Bull Content Pool)

今回の包括的パートナーシップを通じて、両社はスポーツ・エンターテイメントの価値を高めるとともに、先端テクノロジーとエクストリームスポーツを組み合わせた、新たな体験を創出していきます。
(注1)「仮想現実 (virtual reality)」「拡張現実感 (Augmented Reality)」などの総称のこと

■素材のご案内
2月に開催のATSX 1000 / Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020で使用した自由視点映像技術「4DREPLAY」の映像は下記よりご覧いただけます。
https://bit.ly/RBIC20-au4DREPLAY
この映像のみ、ご使用の際のクレジットは (C)Red Bull Japan となります
その他のRed Bull Ice Cross World Championshipの素材は下記で入手頂けます。
https://www.redbullcontentpool.com/redbullicecross
横浜大会の素材は、検索窓で Ice Cross Yokohama 2020 で検索ください
素材は放送/記事掲載に限り、無償でご利用頂けます。ご利用の際は登録が必要です。
登録方法、クレジットに関しては http://j.mp/RBCPUserGuide2020 をご覧下さい。

他の画像

関連業界