OKI、「清酒特区」第1号認定の尾畑酒造と「学校蔵プロジェクト」を始動

2020/06/30  沖電気工業 株式会社 

「学校蔵から佐渡と日本酒の未来に夢を」に賛同、酒造りを通して支援


学校蔵
OKIはこのたび、2020年5月に「清酒特区(注1)」第1号認定を取得した尾畑酒造株式会社(代表取締役社長:平島 健、所在地:新潟県佐渡市)が運営する「学校蔵」で日本酒造りを行う「OKI学校蔵プロジェクト」を始動しました。OKIは尾畑酒造の「学校蔵から佐渡と日本酒の未来に夢を」という地域社会の発展に貢献する考えに賛同し、日本酒造りへの参加という形で「学校蔵」を支援します。

「学校蔵」とは、尾畑酒造が、2010年に廃校となった地元の小学校の木造校舎を改造し、2014年に酒蔵として再生したものです(注2)。「学校蔵」は、校訓「幸醸心(こうじょうしん)」のもと、酒を醸すことで幸せを醸す心を育むとして、「酒造」「学び」「交流」「共生」の4つを柱に運営されています。「酒造」においてはオール佐渡産の酒造りをめざしており、佐渡産の酒米を100%使用するとともに、使用するエネルギーは「環境との共生」の視点からソーラーパネル設置により佐渡の太陽の力を取り入れて、持続可能な酒造りを実現しています。また尾畑酒造は「学び」「交流」の側面から、「学校蔵」での日本酒製造体験を国内外における日本酒の認知度向上や佐渡のファン作りにつなげるべく、さまざまな企業や組織、学校とのコラボレーションによるワークショップなどを実施しています。

製麹作業の様子
OKIグループは尾畑酒造のある新潟県に複数の拠点(注3)を有します。その縁から「学校蔵」の活動を知り、尾畑酒造の「学校蔵から佐渡と日本酒の未来に夢を」という、地域社会の発展に貢献する考えに賛同して、日本酒造りへの参加という形で「学校蔵」の活動を支援する「OKI学校蔵プロジェクト」を始動しました。「学校蔵」の「清酒特区」認定後初シーズンとなる日本酒の製造にOKIの社員が体験参加し、OKI独自の銘を冠した日本酒造りをめざします。

6月23日~29日に「学校蔵」で行われた仕込み(製麹)作業にはのべ29名のOKI社員が参加し、麹を造る製麹や日本酒のもととなる液体の醪(もろみ)を製造する仕込み(添え仕込み、酒母仕込み、仲仕込み、留仕込み)などを体験しました。参加者からは「仕込みは本来冬に行う作業なので、今日の体験でも非常に寒い環境を再現した中で洗米・浸漬・水切りなどの作業を行いました。また、杜氏の皆さんは発酵が始まると泊まり込みで2時間ごとに状態確認をされていると伺い、モノづくりは本当に大変だと、わずかな体験でしたが身に沁みて分かりました。」「酒造りの様子は何回も見たことがあったのですが、実際に体験してみて重労働ということが身に沁みてよく分かりました。日本酒をこれからもう少しありがたい気持ちで飲みたいと思います。」など、改めてモノづくりの厳しさを感じたとの声が聞かれました。この日本酒は11月頃に完成し、OKIのイベントなどで活用される予定です。

OKIグループは、今後も良き企業市民として真に豊かな社会の実現に向け、地域活性化や地域の持続可能な発展に貢献する活動に取り組んでいきます。

本件に対して、尾畑酒造株式会社 専務取締役 尾畑留美子様よりメッセージをいただいています。

「学校蔵から佐渡と日本酒の未来に夢を」という考え方と、沖電気工業様の「Open up your dreams ~OKIは夢の扉を開きます~」というブランドスローガンは見事にシンクロします。今回の日本酒造りのプロジェクトによって、できあがったお酒を通して多くの皆さまに佐渡を知っていただく機会となり、地域活性化という夢の扉が開くことを願っています。

                               尾畑酒造株式会社 専務取締役 尾畑留美子

用語解説
注1:清酒特区
すでに清酒の製造免許を受けている者が地域の活性化などを目的として、清酒製造体験を実施する施設を増設する場合に、既存の製造場とひとつの製造場とみなすもの。この特区制度により観光・体験施設などでの清酒の醸造・仕込みが可能となる。

注2:「清酒特区」に認可前の「学校蔵」は、リキュール製造免許で樽酒風味のリキュールを製造。

注3:OKI新潟支店(支店長:横山 徹、新潟県長岡市)
沖プリンテッドサーキット株式会社(社長:森丘 正彦、本社:新潟県上越市)

リリース関連リンク
「尾畑酒造 学校蔵」紹介サイト
https://www.obata-shuzo.com/home/


沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
e-mail:press@oki.com
お問い合わせフォーム
https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=015j
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部営業管理部営業企画部
電話:03-3454-2111

他の画像

関連業界