Sansan、「DEALWATCH AWARDS 2019」 株式部門「IPO of the Year」を受賞

2020/06/30  Sansan 株式会社 

Sansan株式会社は、リフィニティブ・ジャパン株式会社の「DealWatch」が主催する「DEALWATCH AWARDS 2019(ディールウォッチ・アワード2019)」にて、株式部門「IPO of the Year」を受賞したことを発表します。上場時における戦略的なマーケティングや、投資家への丁寧な説明を通し、SaaS企業への投資機会を創出した点などが評価されました。




「DEALWATCH AWARDS」は、日本関連の資本市場の育成・拡大に資することを目的に1995年に設置されたアワードです。「本邦市場が世界の主要市場としてさらに発展していく」という観点から、アワードは発行市場における適正なプライシング、流通市場に移行した後の価格形成、資本市場の発展への貢献や創意工夫などを考慮し選定されています。

■受賞理由: 国内資本市場において赤字企業に対する警戒感が広がる中、想定仮条件をレンジで設定する戦略的なマーケティングを実施し、国内資本市場でEV/Salesを初めて導入。丁寧に投資家のみなさまへ説明を行ったことで、優良投資家がSaaS企業への理解を深め投資へ参加する機会を創出したことなどを評価いただきました。

■Sansan株式会社 執行役員/CFO 橋本宗之より
「私たちは創業以来、クラウド名刺管理サービスというこれまでにない市場を開拓し、ビジネスを積み上げてまいりました。名刺をデジタルで管理するという文化を作ったことが、私たちの強みであり、評価をいただいた点のひとつと考えております。 上場にあたっては、『良いIPOとは何か?』を問い続けてまいりました。その解が見つけられた訳ではありませんが、結果として今回このような賞を頂けたことを大変嬉しく思います。 同時に、SaaSとして成長してきたものの、『出会いからイノベーションを生み出す』というミッションを実現し、世界を変える、という視点ではまだまだこれからと考えております。今後も資本市場やその他の多くのステークホルダーの声に耳を傾けながら、皆様のご期待に沿えるよう努力してまいります。」

今後もSansanは、「出会いからイノベーションを生み出す」という当社のミッション実現へ向けて、進化を続けてまいります。

■DealWatchについて
DealWatchは日本の企業および地方公共団体、非日系発行体の資金調達活動をリアルタイムにリポートする日本語のスクリーンニュースサービスです。その速報性、正確性、専門性の高さには定評があり、信頼できる資本市場情報として、市場関係者から支持を得ています。主幹事・引受等のリーグテーブルは、客観的かつ公平な指標として、発行体の主幹事選定や引受業者のマーケティング活動において幅広く活用されています。

■リフィニティブ 会社概要
Refinitiv(リフィニティブ)は世界有数の金融市場データのプロバイダーで、約190カ国で4万社を超える企業・機関にサービスを提供しています。先導的なデータとインサイト、トレーディング・プラットフォーム、市場データ・インフラストラクチャー、オープン・テクノロジー・プラットフォームを通じて、世界の金融市場コミュニティを相互に接続し、発展を支えます。それによりトレーディング、投資、ウェルスマネジメ ント、規制およびマーケットデータ管理、企業が抱えるリスク、金融犯罪追跡などの分野において進化をもたらす先駆者としての役割を果たしています。
URL:https://www.refinitiv.com/ja

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」および個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームとして活用できるサービスを国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日 
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:62億34百万円(2020年4月13日現在)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net

他の画像

関連業界