モノ×トークンの日本暗号資産市場がステーブルコイン(だいたい安定通貨)を発行予定|事前予約を開始

2020/07/03  日本暗号資産市場 株式会社 

モノ×トークンの日本暗号資産市場がステーブルコイン(だいたい安定通貨)を発行することを発表しました。事前予約を開始しました。

日本暗号資産市場株式会社(東京都新宿区、代表取締役:岡部典孝)は6月30日、ステーブルコインを発行予定であることを発表しました。発行予定のステーブルコインはERC20トークンであり、法的には事業者用自家型前払式支払手段(資金決済法4条7項の適用除外)で通貨建資産にあたるため、暗号資産ではありません。


日本暗号資産市場株式会社は2019年11月に創業しました。2020年2月に東京都公安委員会より古物商許可、2020年3月には古物市場主許可を取得、5月にオンラインかんたん買取サービス「オクリマ」のテストマーケティングを開始しました。今回、ステーブルコインを発行することにより、モノ×トークンの領域において良い循環を生めるよう尽力致します。




発行予定のステーブルコイン概要
発行予定のステーブルコインは、 ERC20トークンです。
事業者用自家型前払式支払手段のため、暗号資産にはあたりませんが、無担保型のステーブルコインです。トークン名はICHIBAコイン(ICB)です。


ICBは、当社が運営する古物市場の売買代金の支払いに使用できるほか、古物商などの事業者が当社から仕入れをする際に1ICB=1円で使用することができます。

非中央集権的前払式支払手段取引所であるユニスワップ(https://uniswap.exchange/)で取引可能になった後、1コイン=1円よりも安くなった場合には0.99円まで、1コイン=1円よりも大幅に高くなった場合には当社が1円で販売することで、1コイン=1円になることを目指します。

これまでの前払式支払手段との違い
これまでの前払式支払手段は、資金決済法により払い戻しが原則禁止されているため、ステーブルコインとして使用する際は価値を維持することが困難であり、だいたい安定通貨として成功した前払式支払手段はありませんでした。

しかし、ICBは資金決済法の適用除外にあたる前払式支払手段であるため、発行体による買い戻しが可能です。そのため、発行体が0.99円までの買い戻しを宣言することでだいたい安定通貨として機能するものと考えております。

今後の見通し
本年中の発行を予定しておりますが、開始日などは関係省庁と協議の上、改めてお伝えいたします。

市場でICBにより古物を売買した際に、無償ポイント(別のERC20トークン)が付与されるようにすることで、ICB保有者の利便性を向上させて参ります。


事前予約・お問い合わせについて
事前予約・お問い合わせは以下のフォームから可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScHfjc6zqX5Q_9YHAWleo2wtL-gE7vWocK73D2l7KHWrIIVrQ/viewform


※ユニスワップとは
ユニスワップは、ERC20トークン同士の取引を誰でも行うことができる非中央集権前払式支払手段取引所です。ユニスワップに前払式支払手段を流動性供給した人は、誰でも流動性供給報酬として前払式支払手段を得ることが可能です。





※資金決済法4条(適用除外)
第四条 次に掲げる前払式支払手段については、この章の規定は、適用しない。
七 その利用者のために商行為となる取引においてのみ使用することとされている前払式支払手段

当社が運営する古物市場は古物営業法により事業者である古物商のみ取引が可能であるため、当市場でのみ使用できるICBは資金決済法第四条の適用除外に該当します。

■運営会社
名称:日本暗号資産市場株式会社
所在地:〒161-0033 東京都新宿区下落合3-15-22 ランドール目白502
設立:2019年11月20日
資本金:350万円
代表:岡部 典孝
古物商許可番号:東京都公安委員会 第304372004277号
古物市場主許可番号:東京都公安委員会:第304372004710号

■サービスに関するお問い合わせ先

日本暗号資産市場株式会社
広報担当 : 岡部、原沢
phone : 03-6908-3514
e-mail:admin@jcam.info
※新型コロナウイルスの状況によってお電話に出られないことがございますので、その場合はお手数ですがメールよりご連絡下さい。

他の画像

関連業界