商業施設・飲食店向けLED捕虫器「hidamari」を発売

2020/08/01  ベンハー芙蓉 株式会社 

~従来の常識をくつがえす画期的な光でコバエを退治~

ベンハー芙蓉株式会社(岐阜県岐阜市)は、飲食店舗内や各種商業施設にて使用する捕虫器「hidamari」を2020年7月発売いたします。コロナウイルス感染防止対策で換気のために窓やドアを開放している店舗において、コバエの侵入に悩まされているとの問い合わせが大変増えています。「hidamari」はそのようなお悩みを解決するのに最適なアイテムです。


1.画期的な暖色系のLED光源
従来、捕虫器の光は、寒色系の青白い光であることが一般的で、どうしても店舗空間の雰囲気を損なってしまいました。今回発売する「hidamari」は専用LEDユニットに電球色のLEDを採用することで、従来にない画期的な暖色系の光を実現したためどのような空間にも設置できます。LEDユニットには電球色LEDのほか、高出力UV-LEDを採用しており、人間の目には見えない紫外線によりコバエを強力に誘引します。

使用例


2.捕虫器としては初めて木材を使用
本体カバーにはぬくもりを感じられる木材を使用し、暖色系のあかりと相まって、まるで間接照明のようです。木製カバーは岐阜県飛騨高山の木工照明メーカー「木製照明モアレ」との共同開発。カラーバリエーションはウォルナット/ウォームホワイト/キャラメルの3種類から選べ、店舗空間の雰囲気や壁の色調にあわせることができます。

ウォルナット
ウォームホワイト
キャラメル


3.捕獲力抜群のネバネバ捕虫紙
専用捕虫紙は独自の樹脂配合で製造されたネバネバの粘着剤が使用されており、近くに飛んできたコバエの足や羽が少し触れただけでからめとるように捕獲できます。

ネバネバ捕虫紙


4.LEDユニット採用でとってもエコ
LEDユニットの寿命は20,000時間で、従来の一般的な6W蛍光灯に比べて10倍も長寿命なのでとてもエコです。頻繁なランプ交換の必要がなく、蛍光灯廃棄処理費用も節約できます。

内部構造


5.業務用捕虫器「ムシポン」シリーズを開発製造する業界シェアトップ企業
業務用捕虫器の製造販売実績40年以上、高い業界シェアを持つベンハーグループ。捕虫器といえばムシポンというほど業務用捕虫器の業界では知られたブランドです。

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
ベンハー芙蓉株式会社
Email : support@benhar.co.jp
TEL : 058-279-1181
URL : https://www.benhar.co.jp


使用例



製品品様
価格 : hidamari:24,800円(税抜) LEDユニット:6,000円(税抜)
タイプ : 壁面直付型
電源 : 定格電源電圧:100V 本体入力電圧:DC5V
定格消費電力 : 3.1W(ACアダプターを含む)
寸法 : 横295×奥行114×高さ120mm
重量 : 0.6kg
光源 : LEDユニットLD2BL-L 1灯(2W)
カラーバリエーション : ウォルナット/ウォームホワイト/キャラメル


会社概要
商号 : ベンハー芙蓉株式会社
本社 : 〒501-6121 岐阜県岐阜市柳津町上佐波西1丁目168番地
設立 : 昭和47年7月
主な事業 : 業務用捕虫器の開発販売

他の画像

関連業界