JCB、新しい生活様式が定着?おうち時間改革元年の兆しに!1000人に聞いた「令和2年 みんなのおうち時間」キャッシュレス利用者は92.2% 約4人に1人がキャッシュレス利用頻度増加

2020/09/15  株式会社 ジェーシービー 

“おうち時間“で10代は美容を意識、60代以上はデジタルシニアへ進化!?在宅勤務者は出勤者の約1.5倍”健康消費”を行った傾向 最も大切なのは家族

株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、コロナ禍において“おうち時間”を過ごす日本の生活者を応援したいという想いから、「クイズ!みんなのおうち時間キャンペーン」を実施いたします。それに合わせ、緊急事態宣言に伴う外出自粛期を経て、Withコロナというこれまでに経験したことのない時代を生きる生活者の新しい生活様式となる “おうち時間”の実態について、 10代~70代の男女1000人を対象に、「令和2年 みんなのおうち時間」の調査を実施しました。


調査により、外出自粛の影響によるネット通販サービス利用の増加や、店舗・オンラインそれぞれのシーンでのキャッシュレス決済利用頻度が増加していることが分かりました。さらに、コロナ禍における年代ごとの過ごし方の違いや、このような時だからこその新たな“挑戦”エピソードなども見えてきました。



【調査概要】
調査名:「令和2年 みんなのおうち時間」の調査
データ集計期間: 2020年8月26日~8月27日
調査方法:インターネット調査
調査対象者:全国15歳~79歳(15~19歳、20代、30代、40代~50代、60代以上(60~79歳))の男女
有効回答数:1000名 (男女各500/各年代200)

プレスリリース詳細はこちら

他の画像

関連業界