ヒューマンセンシング開発のスワローインキュベート センシング技術を無料体験できる「デモ用スマホアプリ」2種を初リリース

2020/09/15  株式会社 スワローインキュベート 

まばたきなど目関連データを非接触センシング可能な「目検出技術」、顔認証・eKYC時の「本人なりすまし」を防ぐ「生体(ライブネス)判定技術」、2つの技術を「スマートフォン」で無料で手軽にお試しできます

株式会社スワローインキュベート(本社:茨城県つくば市、代表取締役:大野 寿和、以下スワローインキュベート)は、特許技術を活用した独自のアルゴリズムを用いて、ヒトの様々な情報をセンシングする「ヒューマンセンシング技術群」の中から、「目検出技術」と「生体判定(ライブネス 判定)技術」の2つの技術について、スマートフォン・タブレットで手軽にお試しいただける「デモ用アプリケーション」を「Apple Store(iOS版)」と「Google Play(Andoroid版)」にてリリースしました。


近日中に同技術をお試しできる「Windowsデモ用アプリケーション」、そして「視線検出技術」をお試しできるデモ用アプリケーション各種もリリース予定です。


◆「目検出技術」デモアプリ ダウンロード(無料)
Apple Store:https://kutt.it/pt20200915-pupil-apple1
Google Play:https://kutt.it/pt20200915-pupil-google1

◆「生体判定(ライブネス判定)技術」デモアプリ ダウンロード(無料)
Apple Store:https://kutt.it/pt20200915-liveness-apple1
Google Play:https://kutt.it/pt20200915-liveness-google1


■開発の背景
手軽に「試してみたい」というお客様の声にお応えして
スワローインキュベートの「ヒューマンセンシング技術SDK」を、検討のためお試し利用したいとの声をお客様より多数頂戴いたしました。

「ヒューマンセンシング技術SDK」を単体で開発・提供している企業は少なく、お問合せを頂戴したお客様は「利用したことがない」「見たことがない」という方が大半で、また先端技術がゆえに「企画段階」のお問合せも多く、実際に開発に携わるエンジニア以外の方も多くいらっしゃいました。

そのため、弊社技術がどのようなものであるか、精度や使用感などを、「手軽に皆さまにお試しいただきたい」との思いから、弊社の「ヒューマンセンシングSDK」を搭載した「デモ用スマートフォンアプリ」を開発し、「目検出技術」と「生体判定(ライブネス 判定)技術」の2つの技術のデモアプリをこの度リリースいたしました。

本「デモ用スマートフォンアプリ」は、「ヒューマンセンシングSDK」の導入をご検討の方はもちろん、「新規サービスを企画中の方」や、開発に携わる「エンジニア」の方以外の、企画・営業など「ビジネスサイド」の方、大学職員・研究者の方にも、手軽にお手持ちの「スマートフォン」や「タブレット」でお試しいただけます。

様々な職種の方に実際に技術に触れていただくことで、プロジェクトに携わる皆さまの技術理解が深まり、スムーズな技術選定や、製品・サービス企画の加速につながれば幸いです。ぜひ、皆さまでお試しください。


■ 1.「目検出技術」デモアプリについて
弊社の「目検出技術SDK」を搭載したスマートフォン・タブレット用のデモアプリケーションです。
目に関連する様々なデータを、デバイスカメラを使用して非接触に取得可能です。



◆ ダウンロード無料!「目検出技術」デモアプリ
Apple Store:https://kutt.it/pt20200915-pupil-apple2
Google Play:https://kutt.it/pt20200915-pupil-google2


< 機 能 >
・目センシングデモ
下記3つの検出をすべて同時に実行、目センシングを体験できます
・眼位検出
目の特徴点の位置を検出し、リアルタイムに描画します
・視距離検出
目とデバイスカメラまでの距離(視距離)を推定します
・まばたき検出
まばたき(瞬目)を検出しカウントします

< 技術活用例 >
・センシング関連
視線を活用した集中力・眠気などの判定、居眠りの検出など
・画像処理/画像認識関連
眼科アプリ、眼輪筋トレーニング、カラーコンタクト装着シュミレーター、メイクアプリの精度向上など
・アイトラッキング関連
視線位置の推定、サイト評価・マーケティング、心理学などヘルスケアの指標に
・UI(ユーザーインターフェース)関連
まばたきをクリックの代わりにする「まばたきUI」、「視線マウス」など


本アプリケーションに活用しているヒューマンセンシング技術は「目検出技術」です。
視距離やまばたきのほか、メガネの有無なども検出可能です。技術詳細は下記HPをご覧ください。

◆目検出技術HPhttps://pupil.pas-ta.io/


■ 2.「生体判定(ライブネス判定)技術」デモアプリについて
弊社の「生体判定技術SDK」を搭載したスマートフォン・タブレット用のデモアプリケーションです。
視線やまばたき・口の動きなど、ヒトのアクションを検出することで生体か否かを判定し、顔認証・eKYC(オンライン本人確認)時の写真などによる「本人なりすまし」を防ぐセキュリティ強化技術です。



◆ ダウンロード無料!「生体判定(ライブネス判定)技術」デモアプリ
Apple Store:https://kutt.it/pt20200915-liveness-apple2
Google Play:https://kutt.it/pt20200915-liveness-google2


< 機 能 >
・ライブネス判定デモ
下記3つの検出をランダムに実行、ライブネス判定を体験できます
・まばたき検出
まばたき(瞬目)を検出しカウントします
・目・視線検出
左右への視線を検出しカウントします
・口唇検出
口の開閉を検出し開口をカウントします

< 技術活用例 >
・顔認証やeKYC(オンライン本人認証)の写真なりすまし防止
顔認証を行うシーンにおいての写真や動画による「本人なりすまし」、ハッキングを防ぐ
・パスワード入力の代わりに
ログイン時にパスワードを入力する代わりに「指定のアクション」を検出、タッチレスなログインを実現


本アプリケーションに活用しているヒューマンセンシング技術は「生体判定技術」です。
顔認証やeKYC(オンライン本人認証)などのセキュリティを強化できます。技術詳細は下記HPをご覧ください。

◆生体判定(ライブネス判定)技術HPhttps://bio-check.pas-ta.io/


■スワローインキュベートについて


全国でもトップクラスの研究施設が押し並ぶ、茨城県つくば市に2013年12月設立。
画像処理・コンピュータビジョンや、音声信号処理領域の開発を得意とする。パナソニックや本田技研を始めとする大手企業保有の「AI/IoT領域の特許・ノウハウ」や、パナソニックと共同で取得した自社特許を活用した「ヒューマンセンシング技術群」の開発用ソフトウェア(SDK)販売、企業向けソリューション開発を提供中。


■会社概要
社名 :株式会社スワローインキュベート
本社 :〒305-0047
茨城県つくば市千現二丁目1番地6
つくば研究支援センター内 CA13
代表者 :代表取締役社長 大野 寿和
公式サイト:https://swallow-incubate.com
資本金 :500万円
事業内容 :【ヒューマンセンシング技術の開発/提供】
ー 目検出技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
ー 生体判定技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
ー 人物検出技術の開発・販売(特許提供:本田技研工業株式会社)
ー 視線検出技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
ー まばたき検出技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
ー 音声感情認識技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
ー 虹彩認証技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
保有特許 :特許第6717477号:
画像処理方法、画像処理装置、 及び画像処理プログラム
特許第6725121号:
視線検出方法、視線検出装置、 及び制御プログラム ほか
保有特許一覧:https://swallow-incubate.com/company/#patented
主な取引先:パナソニック株式会社、本田技研工業株式会社、アナログ・デバイセズ株式会社 ほか


■本件に関するお問い合わせ
株式会社スワローインキュベート
技術サポート事務局
TEL:029-886-9912
FAX:029-886-9913
Email:support@swallow-incubate.com
URL:<目検出技術>https://pupil.pas-ta.io/
<生体判定技術>https://bio-check.pas-ta.io/

※当社は、他社の所有する知的財産の活用・促進を目的として、知的財産権の一部のライセンス及びサブライセンスの許諾を受けて活動しております。
※プレスリリースに掲載されている内容やお問合せ先等は、発表時点の情報です。その後、予告なしに変更となる場合があります。

他の画像

関連業界