女性AV監督の初エッセイを書籍化。『男とか女とかゲイとかレズとかどうでもいいからただ好きな人のそばにいたいだけ。』発売

2020/09/15  株式会社 主婦の友社 

株式会社主婦の友社は、2020年8月27日(木)に、『男とか女とかゲイとかレズとかどうでもいいからただ好きな人のそばにいたいだけ。』(https://www.amazon.co.jp/dp/4074436191)を発売いたしました。




本書は、老舗AVメーカー桃太郎映像出版の監督であり、営業マンであり、広報をも務める鈴木リズによる待望の初エッセイ。

「死ぬまでに1冊の本が書けるような人生にしていこうと生きてきました。
 それがまさかこんなに早く実現するとは。」


恋愛や性に悩み、がむしゃらに生きてきた鈴木リズ。そのふさがっていた傷をこじ開けるように綴った半生とともに、自身の体験を通して見てきた、AVの世界、AV嬢たちの苦悩と葛藤、そして彼女自身の人生観が語られています。


「なんで晩ごはんの相談はできるのに、セックスの相談はできないの?」

「どんな体もみんな美しい。コンプレックスは最強の武器になる。」

「私は私を生きていく。来世の私が今の私を見たときにナメられないように。」


いま生きることに息苦しさを感じている人のヒントになる強いメッセージと、鈴木リズ100%の言葉が詰まった1冊は、誰もが「自分らしく」生きるための口火になることでしょう。

自身はレズ寄りバイ。しかし、男とか女とかゲイとかレズとか肩書はどうでもいい、好きな人がそばにいて、「鈴木リズ」として生きていくことが人生において重要なことだと語ります。

もはや、鈴木リズは名前じゃない、性癖だ。


Contents

第1章 自分の人生、主人公になれなきゃ意味がない。でもそれって結構覚悟が必要だったりする。
第2章 誰かに必要とされることでしか満たされない。
第3章 鈴木リズのセックス哲学
第4章 今日の選択の積み重ねが人生になる。


著者

アダルトビデオメーカー「桃太郎映像出版」の広報・営業かつ女性AV監督。代表作品は「ヤリマンワゴンが行く!!」シリーズ。「AV OPEN2017~あなたが決める! セルアダルトビデオ日本一決定戦~」監督賞を受賞。
・Twitter  https://twitter.com/AV_rizu


書誌情報



タイトル:男とか女とかゲイとかレズとかどうでもいいからただ好きな人のそばにいたいだけ。
著者:鈴木リズ
定価:本体1200円+税
発売日:2020年8月27日
四六判 192ページ
ISBN :978-4-07-443619-4
【Amazon】https://www.amazon.co.jp/dp/4074436191


本件に関する報道関係者のお問い合わせ先

【主婦の友社広報窓口】株式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
TEL:03-5403-4320 pr★c-pub.co.jp(★は@に変換してお送りください)

他の画像

関連業界