多くの機械設計者に読まれているロングセラーの第2弾! 書籍『必携「からくり設計」メカニズム定石集Part2』発売

2020/09/15  株式会社 日刊工業新聞社 


株式会社日刊工業新聞社
2020年9月15日

PRESS RELEASE
日刊工業新聞社(代表取締役社長:井水治博 本社:東京都中央区)は、書籍『必携「からくり設計」メカニズム定石集Part2』を9月15日に発売します。


製造現場でニーズ高まる「簡易自動化」

 いま、製造現場では、安易に電気エネルギーなどに頼らずに低予算で効果的な動きを実現する「からくり設計(=簡易自動化)」に注目が集まっています。その「からくり設計」のもととなる典型的なメカニズムは限られた数しか存在せず、実際はそれらを組み合わせてさまざまな「からくり設計」が実現されています。


立体的な構造図やイラストを使いわかりやすく解説した待望の第2弾

 本書は、これまで長年にわたり自動化設計に携わってきた著者が、その経験を基にしてまとめたロングセラー『必携「からくり設計」メカニズム定石集』(初版2017年6月発行、現在11刷)の第2弾。基本となるメカニズムの運動特性や力特性などを“定石”として、多くの「立体的な構造図やイラスト」を使いわかりやすく解説しています。






書籍情報

定価:(本体2,500円+税)
仕様:B5判、並製、184頁
ISBN:978-4-526-08079-1
発行:日刊工業新聞社
発行日:2020年9月15日

第2章『リンクを使った回転するメカニズム』より



目次

第1章 レバーを使った運動変換と伝達のメカニズム
第2章 リンクを使った回転するメカニズム
第3章 容器の中をかき混ぜるメカニズム
第4章 スプリングを使って叩くメカニズム
第5章 ワークをクランプするメカニズム
第6章 スプリングを使いワークを保持するメカニズム
第7章 つぶしたり切断したりするメカニズム
第8章 拘束リンク棒を使った多重運動
第9章 ワークやパレットを搬送するメカニズム
第10章 ヒールスプリングフォローを使った複合動作
第11章 汎用メカニズムを使った同期システム
第12章 カムを使った運動変換
第13章 カム出力の連結と同期システム
第14章 複数軸を独立して動作させるメカニズムとカムを使った駆動方法


著者紹介

熊谷英樹(くまがい ひでき)
1981 年 慶應義塾大学工学部電気工学科卒業。
1983 年 慶應義塾大学大学院電気工学専攻修了。住友商事株式会社入社。
1988 年 株式会社新興技術研究所入社。
現在、株式会社新興技術研究所専務取締役、日本教育企画株式会社代表取締役。
山梨県産業技術短期大学校非常勤講師、自動化推進協会理事、高齢・障害・求職者雇用支援機構非常勤講師。

・主な著書
「ゼロからはじめるシーケンス制御」日刊工業新聞社、2001 年
「必携 シーケンス制御プログラム定石集―機構図付き」日刊工業新聞社、2003 年
「ゼロからはじめるシーケンスプログラム」日刊工業新聞社、2006 年
「新・実践自動化機構図解集―ものづくりの要素と機械システム」日刊工業新聞社、2010 年
「トコトンやさしいシーケンス制御の本」日刊工業新聞社、2012 年
「熊谷英樹のシーケンス道場 シーケンス制御プログラムの極意」日刊工業新聞社、2014 年
「必携 シーケンス制御プログラム定石集 Part2―機構図付き―」日刊工業新聞社、2015 年
「必携『からくり設計』メカニズム定石集―ゼロからはじめる簡易自動化」日刊工業新聞社、2017 年
「ゼロからはじめるPID 制御」日刊工業新聞社、2018 年
ほか多数


【問い合わせ】
日刊工業新聞社
書籍編集部  03(5644)7490
販売・管理部 03(5644)7410

日刊工業新聞社オフィシャルサイト「Nikkan Book Store」
https://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003524
Amazon商品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4526080799/

他の画像

関連業界