【コロナ禍における展示会への参加意思のリサーチ結果】約6割がオンライン展示会へ参加意向があると回答

2020/09/15  株式会社 リフラックス 

オンライン展示会プラットフォームを提供する株式会社リフラックス(所在地 東京都渋谷区道玄坂 1-10-8/代表取締役社長 濱田 憲一 以下、当社)は、20代~60代の会社員6,341人に対して見本市・展示会への参加実態に関する調査を実施しました。


■調査結果
調査の結果、新型コロナが十分に終息していない現状では、リアルな展示会へは37%の人が不参加の意向を示す一方で、オンラン展示会への参加については56%の人が参加意向を示した。展示会を企画・運営する企業はリアルの展示会だけでなくオンライン対応をすることがユーザーのニーズに答えるためには重要なことがわかりました。

調査は20代から60代の会社員6,341人を対象に行われた。そのうち過去に見本市・展示会への参加経験を聞いたところ全体の30%、約2,000人が過去に参加していると回答した。

そのうち直近(2019年)に見本市・展示会への参加経験があると回答した316人に対して、新型コロナがおさまっていない現状(2020年9月現在)でのリアルの見本市・展示会への参加意向を聞いたところ、42%は参加意思を示した一方で、37%は不参加の意向を示した。直近で展示会に参加経験のある人たちが対象となっているため、見本市・展示会の企画・運営者にとって、この数字は大きく無視できないといえる。

同じく2019年に見本市・展示会へ参加経験のある316名に対して、今まで参加している見本市・展示会からオンライン展示会の招待が来た際には56%の人が参加すると回答した。これは不参加の意思を示した人が10%であることを考えると、オンライン展示会への参加意向は非常に高いことがわかる。



当調査はこのほかにも
・見本市・展示会の参加理由
・2020年のオンランセミナー参加回数
・2020年のオンライン展示会参加回数
・オンライン展示会にあったらよい機能
・すべての項目の年代別の集計結果
を行っている。

すべてのリサーチ結果については下記記載の9月18日開催の当社オンラインセミナーにて発表する予定です。また10月1日以降に当社オンライン展示会製品サイトにてダウンロードできるようになる予定です。


■調査概要
調査名  :コロナ禍における展示会への参加意思のリサーチ
調査対象 : 全国の20代~60代の会社員
調査期間 : 2020年9月10日~2020年9月14日
調査方法 : インターネット調査
有効回答数 : 6,341件


■Sokoiruについて
そこにいるような臨場感を表現できる新たなオンライン展示会システム「Sokoiru」(ソコイル)は下記特徴を有します。
1.まるでそこにいるかのような臨場感
2.オンラインで相談・商談・見積もりをワンストップで実施
3.展示会結果の詳細データをリアルタイムに提供

Sokoiruサービスサイトはこちら
http://info.sokoiru.com/

■発売記念オンラインセミナーのご案内
当調査結果について詳細内容は下記オンラインセミナーで発表します。本リサーチのすべての結果を発表します。
日時:9月18日(金)16:00 ~17:00
セミナー名:Sokoiru発売記念オンラインセミナー
「Withコロナ時代のニューノーマル、展示会の新たな姿の模索」

オンラインセミナーについて詳しくは下記サイトをご参照ください
https://info.sokoiru.com/event


■本件に関するお問合わせ先
会社名:株式会社リフラックス
URL: http://reflux.jp/
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂 1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル1階
代表取締役社長:濱田憲一
担当:オンライン展示会事業部 益城
電話番号:050-5873-1057
MAIL:info@reflux.jp

他の画像

関連業界