【第14回キッズデザイン賞を受賞!】どろんこ会グループとグリコマニュファクチャリングジャパン株式会社様の環境教育への取り組み

2020/09/15  社会福祉法人 どろんこ会 

保育園とお菓子工場が共に取組む子育て「一粒の種から広がっていく体験を環境教育へ」

どろんこ会グループ(本社:東京都渋谷区、理事長:安永愛香)が受託運営する事業所内保育所「こどもぴあ保育園」と、クライアントであるグリコマニュファクチャリングジャパン株式会社(応募時:関西グリコ株式会社)様との取り組みが、「2020年度 第14回 キッズデザイン賞」を受賞したことをお知らせいたします。


■受賞内容




■作品概要
「こどもぴあ保育園」では、子どもたちが様々な野菜を園庭の畑で育てています。野菜は自分たちで料理したり、保護者やリコマニュファクチャリングジャパン様のお菓子工場「神戸工場」の社員の方々にふるまったりなど、畑に蒔いた一粒の小さな種から、食育、たくさんの人との交流へと広がっていく様々な体験活動に取り組んでいます。





園児と社員の交流のみならず、保育園の畑仕事や食育を、乳幼児期からの「環境教育」へと意識を変えてくれたのが、食品リサイクルループに取り組むお菓子工場「神戸工場」です。お菓子の製造過程で出る割れたビスケットやカカオ豆の殻などを、養豚の飼料や堆肥に利用し、その豚肉を園の給食の食材に、堆肥は子どもたちの畑仕事に無償提供。大好きなお菓子に使われているカカオ豆の堆肥を使って野菜を育て、自分たちで調理し、食べることで、子どもたちは食品リサイクルを体験的に学ぶことができるようになりました。

これからも、どろんこ会グループではパートナー企業の皆さまと共に、子どもたちの「自然を大切にする気持ち」を育み、大人になった時の「持続可能な社会づくり」の意識の土台をつくっていく子育てに取組んでまいります。

【参考記事】 こどもぴあ保育園 神戸の「一粒の種から広がっていく体験」
https://www.doronko.jp/action/20200423a/

■キッズデザイン賞とは

キッズデザイン賞は、「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・空間・サービス・活動・研究の中から優れた作品を選び、広く社会に発信していくことを目的に2007年に創設されました。

子ども用にデザインされたものはもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てに配慮されたデザインであればすべてが対象です。


https://kidsdesignaward.jp/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



どろんこ会グループ(社会福祉法人どろんこ会、株式会社ゴーエスト、株式会社日本福祉総合研究所)は全国130箇所を超える認可保育園、事業所内保育所、児童発達支援センター、子育て支援施設等を運営。次代を担う子ども達の「にんげん力」を育む体験型保育・自然保育を行う。男性保育士比率の高さや子どもの免疫力を高める活動内容など、各種メディアでもその取組みが紹介されている。2007年設立。職員数約2000人。利用者数約5000世帯(2020年現在)

1998年設立。職員数 約2000人。利用者数 約7000人(2020年現在)
HP:https://www.doronko.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/doronkokai/
Youtube:https://youtu.be/d-SV7YuQmIM


他の画像

関連業界