AIGがジェームス・ナッシュを日本の代表取締役社長 兼 CEOに任命

2020/09/15  AIGジャパン・ホールディングス 株式会社 

アメリカン・インターナショナル・グループ・インク(ニューヨーク証券所取引銘柄:AIG)は、ジェームス・ナッシュ氏をAIGジャパン・ホールディングス株式会社(以下、AIGジャパン)の代表取締役社長 兼 CEOに任命したことを発表しました。ナッシュ氏はインターナショナルの損害保険事業部門CEOのジョン・ハンコックにレポートし、東京に拠点をおき、2021年初めまでに就任予定です。


当役割において、ナッシュ氏はAIGジャパンおよび日本最大級の外資系損害保険会社を含む日本の子会社を統括します。ナッシュ氏はロバート・L・ノディンの後任となり、ノディンはAIGジャパンの会長(非常勤)として2021年の退職まで同職責を担います。

「日本における個人・法人のお客さまに対し、確固たるバリュー・プロポジションとコミットメントを築くために、ナッシュ氏をAIGに迎え入れることを嬉しく思います。」 とハンコックは述べるとともに、「ナッシュ氏の日本での深い業界経験とインターナショナル・マーケットにおける収益成長に向けた経験は、AIGがお客さまやパートナーに対して、革新と強化されたバリューをもたらすための非常に大きな資産となることでしょう。」と述べています。

「AIGは日本で先駆者としての長い歴史を持っています。AIGが業界のリーダーとなるべく、この顕著な歩みを続けていくために、リードできることを嬉しく思います。」とナッシュ氏は述べるとともに、「この重要な市場において、革新に向けた素晴らしい伝統と素晴らしいお客さまサービスを築くため、日本に戻り、AIGの才能あふれるチームと共に働けることを楽しみにしています。」と述べました。

ナッシュ氏はAIG入社までは、ガイ・カーペンター社にて、直近ではアジア・パシフィックと欧州・中東・アフリカおよびラテンアメリカを統括するインターナショナル部門のCEOを務めており、1985年に入社後、日本でマネジメントの職責を担った15年を含む35年近くの業界経験があります。2008年にアジア・パシフィックのCEOに就任し、同社のグローバル・エグゼクティブ・コミッティの委員も務めていました。


*For Enlighs Press Release, please refer the link below;
http://www-510.aig.co.jp/assets/documents/press-release/2020/2020-09-15-aig-appoints-james-nash-president-and-ceo-of-japan-en.pdf


<AIGについて>

AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域で損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨーク証券取引所に上場しています。

日本では、AIG損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIGパートナーズ株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。

関連業界