ビジネス・HR・デジタルの3つのイノベーションで食品関連企業が抱える問題を克服し、100年、200年続く持続可能な“食の未来経営モデル”をつくる。タナベ経営「食品成長戦略研究会」受付中

2020/09/15  株式会社 タナベ経営 

第1回 2020年9月29日(火)・30日(水)、全6回を予定

日本初の経営コンサルティングファームである株式会社タナベ経営(本社:大阪市淀川区・東京都千代田区、代表取締役社長:若松 孝彦)は、2020年-2021年度の「食品成長戦略研究会」の申込み受付を開始しております。



■ タナベ経営「食品成長戦略研究会」今期のテーマとは
タナベ経営の戦略ドメイン&ファンクション研究会は、日本、そして世界のビジネスの最前線を走る企業の視察や、先進企業経営者による講演、トップコンサルタントによる講義、視察先企業・研究会に参加いただいた企業との交流を通じて、ビジョンをかたちにする戦略を学ぶ体験型セミナーです。

今期の「食品成長戦略研究会」では、厳しい環境の中でも社会や顧客から選ばれ続け、持続的な成長を実現するために、下記の「3つのイノベーション」で前述の食品製造業が抱える問題を克服し、100年、200年と続く持続可能な「食の未来経営モデル」を目指します。





タナベ経営「食品成長戦略研究会」概要

■ 開催要項
・第1回:2020年 9月29日(火)・30日(水)/ 開催場所:東京
視察・講演企業:農林水産省、株式会社サラダボウル、FTI JAPAN株式会社 ※他調整中
・第2回:2020年12月10日(木)・11日(金)/ 開催場所:静岡
視察・講演企業:※調整中
・第3回:2021年1月21日(木)・22日(金)/ 開催場所:大阪
視察・講演企業:小金屋食品株式会社、平和酒造株式会社
・第4回:2021年3月17日(水)・18日(木)/ 開催場所:沖縄
視察・講演企業:※調整中
・第5回:2021年5月25日(火)・26日(水)/ 開催場所:東京
視察・講演企業:株式会社結わえる ※他調整中
・第6回:2021年7月15日(木)・16日(金)/ 開催場所:福島・新潟
視察・講演企業:株式会社太郎庵、一正蒲鉾株式会社
※1日目/午後開始、2日目/午前終了
※日程・開催場所は変更となる場合がございます。

■ 会費
お一人様(全6回通し)390,000円
※ファーストコールカンパニー(FCC) フォーラム2021への参加費込。
※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます。
※お申込みされた方以外の受講(代理受講)も可能です。
※お申込み受付後、ご請求書をお送りいたします。会費の前納をもってお申込みとさせていただきます。

■ URL
https://www.tanabekeiei.co.jp/t/lab/food.html

■ カリキュラム




■ 新たな事業価値の創造を目指す研究活動「戦略ドメイン&ファンクション研究会」


タナベ経営は、顧客価値を創造できるドメイン(業種・事業領域)やファンクション(経営機能)とは何かを追究し、顧客企業と共に新たな事業価値の創造を目指す研究活動「戦略ドメイン&ファンクション研究会」を開催しており、これまでの参加社数は1,300社以上、視察先は1,350件以上に及びます。
「食品成長戦略研究会」のほか、「戦略CFO研究会」「尖端技術研究会」「ナンバーワンブランド研究会」「建設ソリューション成長戦略研究会」など、29のテーマで日本全国の「ファーストコールカンパニー」(業種・事業領域において顧客から一番に選ばれる企業)の先進事例、成功事例を研究しており、ゲスト企業による実践型講義・現場視察から成功談・失敗談を踏まえた現場の“リアルなポイント”を学ぶことができます。さらに、トップコンサルタントがゲスト企業の講演・視察を専門的な視点でわかりやすく解説することで、自社のビジネスに活用できるようサポートしております。
また、同じ志を持つ多種多様な参加企業・参加者との情報交換も自社のビジネスに活かしていただけます。さらに、新たなアプローチにも繋がります。



株式会社タナベ経営 概要

■ タナベ経営について
タナベ経営は、1957年(昭和32年)に創業し、今年創業63年を迎える日本の経営コンサルティングのパイオニアです。「企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する」という経営理念のもと、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」の創造をミッションとしています。グループで400名を超えるプロフェッショナル人材を擁し、「経営者の戦略パートナー」として中堅企業を中心に約7,000社の支援実績があり、その中には上場企業や業界ナンバーワン企業、地域の優良企業が多数含まれます。
「C&C(コンサルティング&コングロマリット)戦略」(コンサルティング領域の多角化)および「コンサルティングプラットフォーム戦略」(全国において高付加価値のコンサルティングを均質に提供)を推進しており、住まいと暮らし・食品&フードサービス・ヘルスケア・物流・ライフ&サービス等のドメイン(業種・事業領域)、中期ビジョン・組織人事・財務・マーケティング・DX・M&A・事業承継等のファンクション(経営機能)、そして業界で唯一、北海道から沖縄までの全国主要10都市に密着するリージョン(地域)の3つの観点でコンサルティングメニューを拡大しています。
コンサルティングスタイルとしては、クライアント企業の課題に合わせてこの「ドメイン×ファンクション×リージョン」の3つの観点から複数名のコンサルタントを選定してチームを組成する「チームコンサルティング」を推進しています。
「All for clients すべてはクラアイアントのために」という徹底したクライアント中心主義であり、60年以上の歴史で培ってきた実証済みの戦略メソッドを駆使し、的確な判断で最適な解決策を導き出しています。

■ We are Business Doctors
――日本で、経営コンサルティングがはじまった。
「私が勤めていた会社が倒産した」これは創業者:田辺昇一の原体験。
会社がつぶれるということは、働く社員が路頭に迷い、取引先にも大きな迷惑をかける。
どんなに規模が小さくとも、すべての企業には命がある。
田辺昇一は、企業を救う医師「Business Doctor」として企業とともにその命を守っていこうと決心しました。
「会社はつぶれるようにできている」「この国には企業を救う仕事が必要だ」
この思いから、1957年10月16日に「田辺経営相談所」を創業。
日本の経営コンサルティングのパイオニアとして60年以上、その精神と使命は脈々と受け継がれ、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」を創造する活動へと続いています。

他の画像

関連業界