合資会社音楽技術研究工房、RCC文化センターと紫外線空気清浄器を販売

2020/09/16  合資会社 音楽技術研究工房 

合資会社音楽技術研究工房(広島市安芸区、略称:音技工房)は、株式会社RCC文化センター(広島市中区)と共に、有限会社平川製作所(広島市安芸区)製の紫外線空気清浄器の販売を開始しました。


紫外線により細菌やウイルスが死ぬことは一般的によく知られていますが、紫外線はおよそ全ての生命体に有害であり、人畜も当然に例外ではないことから、人畜のいない状態でしか高エネルギの紫外線空間放射が出来ない、ゆえに人がいる場所で直接放射できないことが課題でした。しかし本装置では、紫外線がガラスや薄い金属板等で容易に遮断できる性質を利用、さらに高反射率のアルミニウムを用いることで、装置外部に紫外線を漏らさず、装置内部に1,000(mW/cm2)を超える紫外線を集中、室内の空気を本装置に高速で取り込み、1,000(mJ/cm2)を超えるエネルギを、取り込んだ空気にまんべんなく加えて高速で排出することにより、人がいる状態でも室内の空気を連続してきれいにすることができます。また紫外線波長域を制限した、長年にわたる安全実績のある専用紫外線ランプを用い、加えて装置内を通過する空気を高速としていることから、紫外線による空気中の酸素のオゾン化はごくわずかであり、本装置を狭い室内で連続運転したとしても、人畜有害となるレベルのオゾンが室内に充満することもありません。

音楽技術研究工房では、音楽家・音楽教室等へ本装置のプロモーションを行い、かつ、音楽家を中心としたお客様のご要望をまとめ、新型機の開発を平川製作所と共同で進めてまいります。



標準型紫外線空気清浄器
HW-UVBOX-40
価格:オープン

※特注対応いたします。


<有限会社平川製作所について>
有限会社平川製作所は、1550年ごろに創業、1998年個人事業として開業、合資会社平川製作所を2003年に設立(現在の合資会社平川研究所)、2005年に製造部門を有限会社平川製作所として分社しました。金属加工技術を改良して現代に通用する高純度冶金技術を用いた純金製耳かきを製造。コヒーラの原理を再解明して雷検知器に応用(特許)、コヒーラを使用して雷が近づいたら自動で電源を断にする電源開放装置(特許)および雷サージの影響をなくした無停電電源(特許:平川研究所・富士電機共同)、「コヒーラ式サージアブソーバー」(特許第4519059号)を基礎とするUL1449(第3版以降)・IEC・CE・CSA全対応のSPD(避雷器・アレスタ)を用いた総合雷対策ソリューションを展開しています。本装置には、「農産物検査装置及び農産物検査方法」(特許第5467017号、京都大学・田中衡機工業所・平川研究所共同)で得られた科学的知見を用いています。

<合資会社音楽技術研究工房について>
合資会社音楽技術研究工房は、平川製作所の取締役である小椋が、自身の専門である音楽と技術の両方を活かしたサービスを運営するために2018年に設立。モニター級の音質を実現した猫毛ヘッドホン「MECAT」等の音響機器を販売するとともに、地元の中学生~大学2年生向けの学習塾「安芸区学習会」を開講しています。

<株式会社RCC文化センターについて>
株式会社RCC文化センターは、広島の放送局、株式会社中国放送の関連会社として、貸会議室、カルチャースクールの運営、店舗の環境整備の提案、指定管理業務を担うCS事業部、販売促進・広告キャンペーンを立案する広告・イベント事業部、生命保険・損害保険を扱うフィナンシャル事業部が事業を行っています。創立以来40年以上に渡って積み重ねてきた多様な専門性を駆使し、お客様の抱える課題の解決のために、真摯に誠意を持って対応しています。現在、RCC文化センターは、平川製作所の雷対策ソリューションおよび紫外線ソリューションの、正規販売代理店です。

本製品に関するお問い合わせは
株式会社RCC文化センター
〒730-0015 広島市中区橋本町5-11
TEL 082-222-2236(CS事業部:9:30~17:30)
https://www.rccbc.co.jp/kaigi/news-sterilization.html

合資会社音楽技術研究工房
739-0323 広島県広島市安芸区中野東3-48-9
TEL 082-824-8816(担当:小椋) FAX 082-824-8817
https://www.otogi-koubou.com/jp/

他の画像

関連業界