離れた家族の絆を描いた、すこし不思議な倉敷ピュアラブストーリー『冥土の土産屋『まほろば堂』倉敷美観地区店へようこそ』が発売!

2020/09/16  株式会社 マイクロマガジン社 

・年間300万人が訪れる大人気の観光地・岡山県倉敷美観地区が舞台! ・家族の絆を描いた、涙のハートフルファンタジー。


マイクロマガジン社(東京都中央区)は、「ことのは文庫」『冥土の土産屋『まほろば堂』倉敷美観地区店へようこそ』を9月19日に発売いたします。




冥土の土産屋『まほろば堂』倉敷美観地区店へようこそ
http://micromagazine.net/books/12263/
著者:光明寺祭人/イラスト:げみ
ISBN:9784867160558
文庫 / 書籍 / 288ページ
定価:690円(税抜)
発売日:2020年9月19日

「冥土の土産にひとつだけ、あなたの望みを叶えます」
歴史情緒あふれる観光地『倉敷美観地区』の片隅に、お金では買えないものを売る店がある。
老舗の土産屋『まほろば堂』。
それが、ぼっちで借金を抱え失業寸前な、崖っぷちОLの望美が出会った店の名だ。
ぼおんと時を告げる、夜のしじまの古時計。
その音が夜七度鳴った後ここに来れば、藍染着流し姿のイケメン店主・蒼月真幌が手厚いもてなしとともに、あなたの願いをひとつ叶えてくれる。
だけど、その代償として支払うのは、あなたにとって何よりも大切な――。

著者:光明寺祭人
岡山県倉敷市在住。2017年『わたしはさくら。~捏造恋愛バラエティ、収録中~』(マイナビ出版ファン文庫)にてデビュー。本作『冥土の土産屋「まほろば堂」倉敷美観地区店へようこそ』が2作目の著書となる。
(https://twitter.com/SaitoKoumyouji)

カバーイラスト:げみ(https://twitter.com/gemi333)



「NetGalley」に寄せられたレビューの一部をご紹介

◇まほろば堂の起こす奇跡は思いやりに溢れ、傷ついた心を癒してくれる優しいトリックには愛がつまっています。 とてもあたたかい気持ちになり、人生を大切に生きようと思わせてくれました。(レビュアー)
◇倉敷に住む人は地元に思いを馳せやすく、県外の人には旅行に行っているような気分になれるような、情景描写が素敵でした。(書店関係者)
◇今の自分を一生懸命生きる、自分の身近な家族、友人との時間を大切に過ごす事を改めて思い出させてくれる一冊です。(レビュアー)
◇この本をガイドブック代わりに、まほろば堂を探しに倉敷を散策したくなりました。(教育関係者)



オトナ女子向け文芸レーベル「ことのは文庫」

「心に響く物語に、きっと出会える」
「ことのは文庫」は、マイクロマガジン社より発行しているオトナ女子向け文芸レーベルです。
2019年6月に創刊後、重版作品『わが家は幽世の貸本屋さん』や『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』など魅力的で様々な作品が登場しております。新作は毎月20日に発売。
全国の書店・通販サイトなどでお買い求めいただけます。

ことのは文庫公式サイト https://kotonohabunko.jp/
Twitter  https://twitter.com/kotonoha_mm
facebook https://www.facebook.com/kotonohaMM2
Instagram https://www.instagram.com/kotonohabunko/

【内容・販売に関するお問い合わせ先】
(マイクロマガジン社 販売営業部)
hanbai-bceigyou@microgroup.co.jp
取材・その他に関するお問い合わせ先】
(マイクロハウス 広報)
release_mg@microgroup.co.jp

他の画像

関連業界