Withコロナ時代の「資産運用、投資活動におけるアンケート調査」を公開!4割が「投資額が昨年度より増」、5割が「投資額を増やしていくことに前向き」

2020/09/16  株式会社 ZUU 

「新型コロナは投資運用面ではチャンス 多種目への小口分散投資が運用増の秘訣」


株式会社ZUU(本社:東京都目黒区、代表取締役:冨田和成、以下「当社」)は、月間400万人を擁する金融メディア「ZUU online」ユーザーを対象に、Withコロナ時代の投資活動についてアンケート調査を実施しました。

調査目的:
新型コロナウイルス発生により、社会全体が隔絶状態となり、内閣府の発表によると2020年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で1~3月期から7.8%、年率換算で27.8%減りました。新型コロナウイルスの感染拡大で、リーマン・ショック後の09年1~3月期の年率17.8%減を超える戦後最大の落ち込みとなっています。
一方で日経平均株価は8月の月間で1,429円76銭(6.58%)上昇し、月間での上昇幅としては3カ月ぶりの大きさとなるなど、新型コロナウイルス感染拡大前の水準に回復する兆しもみられています。
本調査では、資産運用に関する個人の投資活動の実態についてアンケート調査を実施。Withコロナ時代における個人投資家のみなさまの今後の資産運用の動静を得る足掛かりとするほか、資産運用事業を展開する企業、業務従事者のみなさまに今後の業務推進におけるインサイトを与えるものとして調査結果の一部を公開致します。

実施期間:
2020年7月30日~8月13日

回答者数:
ZUU online ユーザー 171名
----------------------------------------------------------------------------------------------------
サマリー
「新型コロナは投資運用面ではチャンス 多種目への小口分散投資が運用増の秘訣」

●今年度の投資結果と今後の投資方針
新型コロナ下の投資結果は増加目立ち、今後の投資方針はアクセルを踏み込む状態

●資産保有の状況
今期資産増加者のキーワードは「リスク資産と安定資産の多種目分散」

●資産運用金額の割合
不動産投資のボリュームと500万円未満の分散投資が主流

●運用増加者/運用横ばい・減少者の運用金額
投資信託などアドバイザーとともに多種に小口分散投資することが運用増の秘訣

●資産運用に重要な情報ソース
資産運用の重要情報ソースはZUU onlineと日本経済新聞が支持される
----------------------------------------------------------------------------------------------------
投資結果の昨年度比較



・昨年度の投資結果から大幅に増えた(4%)/増えた(38%)と 全体の40%が昨年より良好な結果を  得ている
・減った(17%)/大幅に減った(4%)は全体の1/5と少ない
・新型コロナ影響下にあっても多くの方は、逆に好調な運用状態であると言える

今年度の投資方針



・今年度の投資方針は、資本金の量を増やす(36%)/高リスク商品の割合を増やす(12%)/クラウドファンディングなど新しいものにチャレンジする(13%)と全体の51%がアクセルをかけている状態と伺える
・また資産運用の全体構成を見直す(31%)も高くなっており、 今後より注目する資産運用方法へ変更する意欲が見られる
・投資金額の量を減らす(2%)/低リスク商品の割合を増やす (6%)と少なく、ブレーキがかかっている状態の方は少ない

資産の保有状況



・個別株式/投資信託は80%を超え概ね全ての方が保有している。近年の資産である暗号資産  (35%)/クラウドファンディング(30%)と保有割合が1/3近く債権より高く、不動産投資に並ぶまで一般的な投資手段となっていることが伺える

運用増加者と運用横ばい・減少者の比較



・大きな傾向値には差が無いが、以下の点に差が見られる
1.日本国債・社債の保有が多く、外国国債の保有が低い
2.FX/外国為替、不動産信託、 クラウドファンディングの割合が高い
・総じて保有商品が分散していること、また長期・安定的な資産と短期・流動的な資産をバランスよく持っているものと推察される
なお保有資産額に大きな差異は見られない

資産運用に重要な情報ソース



・重要な情報ソースとしてユーザーに重要順位付けについて確認したところ、「ZUU online」「日本経済新聞」が上位となった


以上調査結果のご報告となります。
新型コロナウイルスの影響もある中、個人投資家は投資額を増加する意思を持つ割合が多く、また近年、暗号資産やクラウドファンディング を保有する人も増加傾向から、今後は「小口分散投資 」「少額投資」に関してそれぞれのユーザーの投資スタイルの変化に注目していきたいと思います。

「ZUU online」では引き続き、「個人が人生を経営する時代」に対して共に課題解決に取り組むパートナー企業との連携や、ユーザーからのお寄せいただく様々なコメントを通して、日本人全体の金融リテラシー向上と、時代の変化に合わせた顧客志向の金融サービスへと進化させてまいります。

ZUUグループでは、withコロナ、アフターコロナに役立つ経営者向け、個人投資家向けにさまざまな取り組みを提供しております。当社の取り組みに関して、Zoomを利用したオンライン取材も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

メディア、ブログなどで本調査データをご利用される際は「ZUU online 調べ」とクレジット表記をお願い致します。

全調査結果データをご希望の企業様は下記URLよりダウンロードいただけます。
https://zuuonline.com/contents/zuu-online-asset-management-report

■「ZUU online」について( https://zuuonline.com/
“個人が自分の人生を経営する時代”を生きるための、お金と時間のプラットフォーム「ZUU online」は、 お金や時間をコントロールでき、個人が夢や目標を持ち、それに全力でチャレンジしている人を増やすために断片的な情報提供にとどまらず、ライフイベントの連続性を意識しながら、長期的な視点に立ってサポートすることを目指します。

●株式会社ZUU 会社情報
代表者:代表取締役 冨田 和成
所在地:東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F
資本金:9.5億円(資本剰余金含む)※2020年3月末時点

他の画像

関連業界