在宅勤務継続予定は約6割!コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査~在宅勤務の家選びで重視するのは「遮音性」「家の広さ」「個室」~

2020/10/15  株式会社 エイチーム 

株式会社エイチームのグループ会社で、お金の不安を解消するための様々な情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)は、20代から50代の男女640名に、コロナ禍での「働き方と住環境」について、どのように感じているか意識調査を実施しました。 調査の結果、「在宅勤務を継続する予定の人」は57.0%で、今後も多くの人が在宅勤務をする予定になっています。また、在宅勤務をするにあたり、家選びで重要視している点は「遮音性の高さ」67.6%、「家の広さ」65.6%、「個室(書斎など)が持てるかどうか」64.9%といった回答が上位を占め、コロナ禍でも、仕事に集中できる快適な住環境を選びたいと考えている人が多いことがみえてきました。 https://navinavi-mortgage.com/news/survey_working_at_home-623







■調査概要
調査方法:インターネットによる調査
調査対象:新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務を行った全国にお住まいの20代-50代の男女
調査期間:2020年9月11日~9月12日、調査エリア:全国、サンプル数:640名

■在宅勤務経験者の6割近くが「今後も継続する予定」
今後の在宅勤務の予定を聞いたところ、「長期的に(3ヵ月以上)継続する予定」と回答した人が一番多く40.3%で、「短期的に(3ヵ月以内)継続する予定」が16.7%、逆に「継続しない」と回答した人は19.1%でした。今後も6割近くの人が在宅勤務をされる予定であることが明らかになりました。


■およそ4人に1人が在宅勤務のために引っ越しを検討!
「在宅勤務をしやすいように、引っ越しを検討しましたか?」という質問に対し、「すでに引っ越しをした」が4.1%、「具体的に検討した(もしくは検討している)」が9.1%、「今後、検討しようと思っている」が10.5%となっています。全体(在宅勤務経験のある人)で見ると、およそ4人に1人が「引っ越しをした」または、「引っ越しを検討している(いた)」、「今後、検討しようと思っている」と回答しました。



■在宅勤務の家選びで重視するのは「遮音性」「家の広さ」「個室」
家選びでより重視するようになった点について聞いたところ、「遮音性の高さ」が最も多く67.6%、次に「家の広さ」(65.6%)、「個室(書斎など)が持てるかどうか」(64.9%)という回答になり、仕事に集中できる快適な住環境を選びたいと感じていることがみえてきました。
※設問3で「引っ越しをした」または、「引っ越しを検討している(いた)」、「今後、検討しようと思っている」と答えた人を対象に質問


■コロナ禍で72.9%の人が「日本の働き方が変化したと感じた」と回答!
在宅勤務を行った人のうち、「これからの日本の働き方が変化したと感じた」という人は72.9%と、7割超にのぼりました。また、「定期的にリモートワークで働きたいと感じるようになった」(66.6%)、「オフィスへの出勤が面倒だと感じるようになった」(63.6%)、「どんな場所にいても働けると感じるようになった」(62.7%)と、新型コロナの影響で「働き方」が変わったと感じている人が多くいることがわかります。




■「ビーチでのんびり」「在宅で家族の時間を」コロナ禍で感じた理想の働き方は?
在宅勤務を行った人に、「理想の働き方」を聞いたところ、代表的なものとしては以下のような声が聞かれました。

【場所にとらわれない働き方】
・いわゆるワーケーションで地方や観光地で普段働きながら週末は余暇をそのまま楽しむスタイル
・ビーチでのんびりとパソコンで仕事
・通勤地獄から解放され、必要なだけオフィスに出て、普段はリモートワークでゆっくり働く
・農業をしながら、リモートワークをしたい
・リタイアした後も必要に応じてリモートで仕事ができるようになりたい

【家族との時間を確保できる働き方】
・単身赴任中のため、自宅で家族と生活しながらリモートで働く
・奥さんにもテレワーク主体の会社で働いてもらい、二人で在宅勤務すれば自営業のような感覚で子供との時間が増える
・在宅で家族の時間を持てる働き方をしたい。共有スペースと専用スペースが共に確保できる間取りが好ましい

【生産性の高い働き方】
・その時々で生産性の上がる場所や環境を選びながら、変化を取り入れながら働く
・リモートでできる仕事は在宅で仕事を進め、出勤しないといけない仕事は出勤するというかたちで、メリハリを付けて働きたい。とりあえず出勤するのではなく、必要なときに出勤するという働き方が理想です

【その他】
・いつも通り出社したい。在宅勤務だと、オンとオフの切り替えができないから

「場所にとらわれず、自由な働き方をしたい」「リモートで家族との時間を確保しながら働きたい」という声が多かった一方で、「在宅勤務だと、オンとオフの切り替えができない」という意見も。継続してリモートワークを行うという人が多い中で、生産性高く働き続けるには、業務に集中できる環境づくりが鍵になるでしょう。

今回の調査結果から、在宅勤務やリモートワークといった働き方がさらに進むと考えられ、そのための住環境の最適化や整備が必要になりそうです。
エイチームフィナジーは、住環境を整えるための、住み替えの知識や情報収集、住宅ローンの見直しなど、お金に対する不安と課題を解決するWebサイトを展開しており、金融領域を中心に有益なサービスを多数提供しています。

■エイチームフィナジーについて
エイチームフィナジーは、専門知識がないと難しい金融商品の比較サイトや、日常でかかるお金の負担を減らすための情報を提供するWebサイトなどを展開し、お客さまのお金に対する不安と課題を解決する金融領域を中心に有益なサービスを多数提供しています。
https://finergy.a-tm.co.jp/


■会社概要
会社名: 株式会社エイチーム(Ateam Inc.)
所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F
代表者:代表取締役社長 林高生
設立:2000年2月29日
資本金:837百万円(2020年9月末時点)
事業内容:人生のイベントや日常生活に密着した様々なウェブサービスを提供する「ライフスタイルサポート事業」、スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリを提供する「エンターテインメント事業」、自転車専門通販サイトを運営する「EC事業」の3つの軸で事業を展開する総合IT企業
URL:https://www.a-tm.co.jp/

他の画像

関連業界