熱電併給(CHP)設置市場-燃料別(バイオマス、石炭、天然ガス)、用途別(住宅、商業、工業、公益事業)、地理別- 世界市場規模、シェア、開発、成長、および需要ー「予測2024年」

2020/10/16  LAMORI PRIVATE LIMITED 

Kenneth Researchは調査レポート「熱電併給(CHP)設置市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」2020年10月 15日 に発刊しました 。市場調査には、さまざまな要因と分析ツールに基づく製品の需要と市場の分析が含まれます。市場は予測期間中に重要なCAGRで成長すると予想されます。これは、世界規模でのエネルギーおよび電力業界の成長に起因する可能性があります。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/combined-heat-power-chp-installation-market/10335686




熱電併給(CHP)は電力を生産するためのアプローチであり、これにより、地元の電力会社から電力を購入し、ボイラーまたはオンサイトの炉で燃料を燃焼することへの依存を減らすことができます。その結果、この設備は、エネルギーの40%を節約でき、ローカルで電力を生成できるため、エネルギーの送配電ネットワークが不要になります。CHPシステムはさまざまなエンドユーザーに適しており、電源のセキュリティが発電設備を選択するための主要な要素と見なされています。CHPテクノロジーは高いコスト削減を提供します。

世界の熱電併給(CHP)設置市場の主要なトレンドの一つは、マイクロCHPシステムの設計における技術革新であり、燃料のバリエーションの入手可能性とともに、コストを削減して効率を向上させます。しかし、市場を牽引する主な要因は、インフラ開発のための発展途上国の前向きな見通しと、CHPシステムを設置するための有利な政策と固定価格買取制度による政府の支援です。

温室効果ガス排出量を削減するためのCHPシステムの採用を促進するための政府規制の強化、およびエネルギー効率の高い技術の利点に関する認識の高まりが、CHP設置市場の成長を推進する主な要因です。さらに、これらのシステムの経済的および環境的利点と副産物の再利用性も、これらのシステムの需要を促進します。これは、これらのシステムのインストール市場の成長を牽引しています。有利な政府の政策とCHPシステムに対する重要な金銭的インセンティブも、今後数年間でCHP設置の需要を推進すると予測されます。天然ガスは石油や石炭と比較して経済的でクリーンなエネルギー源であるため、人気が高まることも市場の成長を促進します。

CHPインストール市場の成長における課題の一つは、これらのシステムをインストールするために必要なサイトのアクセス許可についての認識の欠如です。これらのシステムの設置は、市場の成長の障壁として機能する電気と温水の両方が必要な施設にのみ適しています。さらに、これらのシステムをインストールするための初期コストは非常に高く、小規模産業にとっては法外なものになる可能性があります。

米国エネルギー情報局によって記録された統計によると、太陽光発電と風力エネルギーへの投資は、米国で2010年から2018年にかけて約15%増加しました。業界でのこの増加した支出は、地域およびこのセクターでの企業調達の増加の結果として観察されると予測されています。

市場セグメンテーション洞察
熱電併給(CHP)設置市場は、燃料別(バイオマス、石炭、天然ガス)、用途(住宅、商業、工業、公益事業)、地理別(米国、カナダ、フランス、ドイツ、英国、イタリア、日本、中国、インド、韓国、ブラジル、メキシコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、南アフリカ)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

主要企業
熱電併給(CHP)設置市場の主要なキープレーヤーは2G Energy International、Wartsila、General Electric、Generac、Capstone Turbine、Siemens AG、Cummins Inc、Tecogen Incなどです。主要な企業によって採用された戦略の詳細な分析が提供されます。

熱電併給(CHP)設置市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

これらの中で、予測期間では、ヨーロッパが価値の面で最大の市場であり、APACがそれに続きました。欧州市場でのCHPの設置を推進する主な要因は、汚染レベルを抑制するために政府によって実施された厳格な環境政策と規制です。世界的に、APAC市場は、中国、インド、日本、韓国などのAPAC諸国に大規模なメーカーが存在するため、予測期間中に大幅な成長率を示すと予想されます。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10335686

熱電併給(CHP)設置市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

他の画像

関連業界